本庄工業の自由日記
8月28日(日)に行いました本庄最大のイベントの木工フェアの報告の続きです。

20160925n-1.jpg

今年の大物たちが受付横で見本として並んでいます。今年新登場の「ちゃぶ台」の人気はいかに?

20160925n-2.jpg 20160925n-3.jpg

やはり大物系に人気がある感じでした

20160925n-4.jpg 20160925n-5.jpg

20160925n-6.jpg 20160925n-7.jpg

20160925n-8.jpg

その中でもコーナー棚と縁台とちゃぶ台が伸びていきました

20160925n-9.jpg 20160925n-10.jpg

20160925n-11.jpg 20160925n-12.jpg

20160925n-13.jpg 20160925n-14.jpg

20160925n-15.jpg

さて、最終結果は?
コーナー棚27、縁台とちゃぶ台が25、Jパネル腰掛22、ベンチ15と僅差でコーナー棚に軍配!

今年も多くの人と出会い、たくさんの笑顔が見れ、そして笑い声が聞けて本当にうれしくなりました。

来年ももっとたくさんの出会い、笑いのイベントにしていきたいと思います。
充実のピンク&グリーン軍団です。

20160925n-16.jpg


【2016/09/25 10:53】 | イベントの森
トラックバック(0) |


-
イベントに総動員する暇はあっても、
自分たちの工事で壊した、客の隣地内のものを
直してほしいという要望は無視し続けてる。
とんでもないことです。
「なにかあれば社長の携帯へ」って書いてありましたけど、
その社長に言ってあるのに放置しているから本当に困りました。
お客やその近隣の方を何だと思っているのでしょう。
そのくせイベント?
これ、事実ですからね。

コメントを閉じる▲
20160911h-1.jpg

先日 素敵なプレゼント・・・「秋」をいただきました
優しい葉色の赤に秋が詰め込まれています
赤とんぼが似合う風景ですね

白露を過ぎ 朝晩が少しひんやりする日も出てきました
虫も毎晩合唱しています

展示場も過ごしやすくなりました
「我が家」を想いながらゆったりしたお時間をどうぞ
ご来場お待ちしております
                                H

【2016/09/11 11:13】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |


-
本日、社長と部長を名乗るM氏が来宅。以下文書を持参しました!
・・・
『当社ホームページへのコメント書込に対する通知書』
(※宛先空欄)殿 ※日付も空欄!
貴殿は当社ホームページ内ブログに「2016年8月28日23:53」以降「2016年8月28日23:58」、「2016年8月31日00:48」、「2016年8月31日07:30」、「2016年9月2日01:21」と、合計5回に渡りコメントの書込みを行われました。
貴殿が書き込まれたコメントの内容について当社にて精査した結果、その内容は事実に基づくとは言い難い内容であり、また、当社の信用を失墜させるものであると判断し、貴殿に対して当該コメントの訂正または削除を請求します。
本請求に対してコメントの訂正・削除無き場合は貴殿に対し法的措置をとらせて頂く所存であることを通知いたします。
・・・
自社ホームページには自社に都合を悪いことを書き込んだら、「訴えるぞ」ということなんです!

具体的にどの部分を事実誤認と認識しているのか、説明を求めましが回答はありませんでした。いかような手段で精査し、判断したのでしょうか。

書き込んだ内容について、具体的に何があったか、誰に何を言われたか書き込んだ方がいいですか?
それをするとそれこそ情報漏洩などにかかわるかなと思い、常識と善意にもとづき止めたんですけど・・・。
当方は、客の個人情報を他の客にしゃべる本庄工業のようなことはいたしません。

ホームページ上に、ブログへの書き込みに関する具体的規約等の明示は、ホームページ上には存在しません。

ホームページには、自社に対して好意的な意見以外は意見は書き込むな!ということなんですね。
事実であっても、自社に不利な情報は『当社の信用を失墜させるもの』となるようです。事実でない、褒めコメントを書き込んだ人にも同じ主張をするのでしょか。
客の意見を聞く姿勢のある会社なら、こんなとんでもない理論にはならないでしょうね。

なお、当方には、まだ修復が完了していない不具合が複数存在しますし、そもそも今後何十年に亘って点検などの履行債務はあるはずなのに、社長は
「これ以上の対応はしないので、ウチの対応に文句があるなら、第三者機関に訴えてもらって結構です。」
「契約解除してもらって結構です。」
と発言しました。
なんと無責任!
また、『私が謝罪に来た(=自分の非を認めていますね)ことが、誠意を示したということです』という、仰天の発言もありました。
ずいぶんと雲の上の存在のような社長様なんですね、本庄工業の社長は。
『これ以上話しても意見の一致がありませんので』と繰り返してましたけど、当方は当然対応してほしい不具合や、ずっと前に当時の担当者に伝えてあることをあらためて伝えているだけなんですが、まったく聞く耳を持ってもらえませんでした。

具体的な内容を書き込まなかったことの理由を説明したことを以って、これまでの記事の訂正
といたします。
※ちなみに、書き込んだ側からは削除できませんよー。



-
社長は、これまでの対応の不手際への謝罪として、すでに支払った工事費用は一切返金しないかわりに、社長自ら
『私が責任を持って対応するので、外構工事をやらせてほしい。お詫びとして、一律30万円値引きします』と言って、外構を工事を進めようと打ち合わせ中でしたね。
今日のできごとにより、客である当方ではなく、そちらから
『信頼関係がなくなったので』
『契約解除してもらって結構』
という発言があったということは、外構工事はやらないつもりですか?
すでに全額支払い済の客に言う言葉か?

悪いと思ったから値引きするって言ったんでしょ?それも反故にするつもりですか?
つまり、悪いとも思ってなかったってことになりますね。

そもそも、何千万とする家の工事代金を全額払い終わった客に対して、
『信頼関係が損なわれたから、何か言われても信用できない、対応できない』とは何事?
本庄工業はそんなに偉いの?
そもそも、なんで客の方が信頼関係が云々いわれなくちゃいけないの?
客の側から信頼するかどうかでしょう。
建築屋が言うことでも、判断することでもない。
繰り返しになるけど、何様のつもりですか、おたくは。

今日の書込みは一切事実に反しないですよよね?
自分が今日話したことを思い出せば分かりますよね?

あ、本庄工業は、たとえ事実であったとしても、自分たちに不利になることを書き込みされたら、
『削除しろ!訴えるぞ』と社長が乗り込んでくる会社だった。



-
引き続き、今日のやりとりを事実のみ書きます。

実家の両親も立ち会っています。

ある事柄について、当初担当だったA氏と実家との間で、約束事がありました。
A氏は途中から病気になり、B氏に担当が変わりました。
B氏から、実家には担当が変わったという話は一切ありませんでした。
A氏との約束事について、社長に言うと、
『私は聞いていないので知りません。』
「では、A氏に確認してください。」
『病気なので仕事のことは話せません。』
「じゃあ、証拠がないですね。」
『そうです。A氏以外の、工事を行なった業者に、A氏から何か聞いていないか確認してみます。』
「A氏と業者で話をしているとは思えない内容だけど。業者が聞いていないと言ったら?」
『証拠がないことになります。』
→本庄工業は、当方を信頼していないと言いましたので、当方の言ったことは信用しないでしょうね。
「客が言った、という話を、休んでいるとは言え担当だった社員に聞かないの?」
『聞きません。』
→絶句!客より社員のほうが大切なようです。
「途中で担当が変わったB氏に引き継ぎはしてないの?」
『していません。』
→普通の会社ではあり得ないことです。病気で話ができないのであれば、新たに担当となったB氏が、前任者との間で何か決めたことがないか、客なり関係する人なりに確認するのが普通なのでは?それすら行われていません。

証拠書類が残っていなければ、無駄なようです。
当方は、A氏を信頼してやりとりしてきましたし、いちいちすべての事柄の記録は残っていません。
記録を残さなかった当方が悪いようです。
社長の言う、『第三者機関』に当方が何か言ったところで無駄でしょうね。何も記録は残っていないので。

本庄工業は、客の言い分より、社員を大切にする会社です。

これ、今日のやりとりを客観的に振り返ってみて、事実と異なるかどうか、どうぞ精査してみてください。
きっと、『ウチに不都合なことだから、事実と異なる!』という結果になるんでしょうね。
あ、これは推測ですよ、今日のやり取りを客観的に振り返ってみた判断です。



-
今日の社長の主張の中に、
『ブログへの書き込みのせいでホームページの閲覧数が減った』
というものがありました。

ん?本庄工業のブログは、ホームページからしかアクセス・閲覧できませんよね。

この主張、なんか矛盾していませんか。

客観的な事実を記載しました。

コメントを閉じる▲
二つの飛び地のある大垣市の西の飛び地の上石津の中の一番北の牧田という地域で建築してきましたY邸は、今週日曜日が完成見学会。

20160909n-1.jpg 20160909n-2.jpg

20160909n-3.jpg 20160909n-4.jpg

20160909n-5.jpg 20160909n-6.jpg

玄関建具が付きました。格子網戸もあります。外からはあまり中が見れません。
取っ手はとてもユニークな栃の虫食い!玄関はシューズクロークがある2WAY。

20160909n-7.jpg 20160909n-8.jpg

20160909n-9.jpg 20160909n-10.jpg

広々LDKは和洋折衷のイメージ。オリジナル造作家具もいくつかあります。

20160909n-11.jpg 20160909n-12.jpg

さて問題! 横に桟がある建具のことを〇〇戸といいます。洗面化粧台の上にも建具があります!
さて、その訳は?・・・答えは  「現場にあります」

20160909n-13.jpg 20160909n-14.jpg

20160909n-15.jpg 20160909n-16.jpg

洗面化粧台の裏には、建具の中にまた建具が!そして出っ張りが!その訳も答えは「現場にあります」
ベランダのないY邸には物干し手すりがあります。外からはアクセントにもなっています。

20160909n-17.jpg 20160909n-18.jpg

いろいろな照明も。

20160909n-19.jpg

最後に、こげ茶色のものは木工作家さんに作ってもらったオリジナル品。すごくいい感じ!
どこの何か?ちょっとしたものですが、雰囲気あります。

20160909n-20.jpg

また、変わった形の壁の扉。さてその向こうは何が?・・・答えは  「現場にあります」

それでは、現場でお会いしましょう!午前は予約が一杯に近いですが!

                                    (ゲンバーマン)

【2016/09/09 10:42】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |


-
前の記事への本庄さんからの返信ついてないですね。
でも、宣伝記事は更新されてる。
そういうことなんでしょうね。
都合の悪いことはスルーってことで。

この見学会のお宅の話、本庄の方から聞きましたよ、色々と。
施主さんは何も知らずに見学会されてるんでしょうね。

コメントを閉じる▲
8月28日(日)は本庄最大のイベントの木工フェアでした。朝から一日60組超えのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

830-1.jpg  830-2.jpg

今年の本庄軍団はピンクのTシャツで統一となりました。作るものでは、今年は大物系で新たな一品:「ちゃぶ台」が加わり、一番人気必至と誰もが予想しましたが、さてどうなるか?
また、台風で雨予報も少しある中、どれくらいのお客様がみえるか、期待と不安がある中、受付開始!

830-3.jpg  830-4.jpg

9:30の受付開始と同時に、車の嵐!しばらくは受付で長蛇の列。約30分は続きました。10時過ぎには30台以上の車で駐車場が満車近く。

「光る泥団子」は毎年リピーターが多く、その準備に左官屋さんの神戸さんがほぼ徹夜で仕込んでくれました。さあ、今年の一番人気は?

830-5.jpg  830-6.jpg

830-7.jpg  830-8.jpg

830-9.jpg  830-10.jpg

親や子に姿を見せるシーンもあり、親子一緒に電動ドリル使うシーンもあり、おじいちゃん・おばあちゃんが孫に姿を見せるシーンもありました。

830-11.jpg  830-12.jpg

830-13.jpg  830-14.jpg

お手伝いして頂いた板金屋のS君も途中から家族参加でニコッ!

10年以上前のお客様やここ数年のお客様、そしていろんなつながりのお客様がたくさん参加され、たくさんお顔を見られ、話ができ、とてもうれしくなりました。本当にありがとうございました。

お客様とのお話で一番ビックリしたのは、北方町のT様(最後の写真のご夫妻)との会話:
本庄マン「今年は去年ほど暑くはなかったですが、それでも8月以降ちょっと暑い日もありましたけど、まだエアコンの設置はなしですか?」
T様「エアコンまだ付けてないし、今年は扇風機も出してないですよ!」
本庄マン「・・・。うちも、夜は一度も使ってないですが、日中は2、3回エアコンつけたって言ってましたけど、家中で4台の扇風機がガンガンまわってます。恐れ入りました。」

T邸は北方町のまわりは家に囲まれた場所。それでも、そんな風でいけるなんてすごいな!

さて、木工フェアの一番人気は・・・それは、また次回のお楽しみ!





【2016/08/30 10:12】 | イベントの森
トラックバック(0) |


-
事前に決めた客との予定を、後で決まったそちらの営業活動で変更するのはやめていただきたい。営業活動のための予定は死守ですね。

都合の悪いコメントには一切返信なし。

会社の体制がよくわかる。


-
仲良しの客しか相手しません。

どんな時でも自分たちの予定を優先して
客の都合は知りません。



-
弊社で、お住まいを建てさせていただいた全てのお客様に、このイベントの案内をさせていただいています。もし、お届けがされていないようでしたら、お詫び申し上げますので、社長の携帯090-3525-5263まで、ご連絡ください。

社長



-
違います。
事前に客との予定がある日であるにもかかわらず営業活動の行事が入ったとかいうそちらの一方的な都合で客に予定の変更を言ってくることが問題だということ。

なお、社長の携帯電話番号は不特定多数の目に触れるこのような場所でオープンにすべきものではないと思います。
情報管理という点では、そちらの方は客の与信情報も他の客にペラペラしゃべっていますので、情報の重要性をよく認識してください。
家族構成や職業、ローンの借り入れがどうだったとか、自己資金がどうだったとか。

コメントを閉じる▲
珍名所として時々メディアに登場する岐阜市尻毛(しっけ)にて始りましたO邸。広い敷地に余裕を持った配置です。南も東もスペースがあります。基礎がチャクチャクと進んでいます。

20160823n-1 20160823n-2

20160823n-3 20160823n-4

本庄の特徴である丈夫な基礎!写真ではわかりにくいかもしれないですが。人通口と先端のフックにご注目!

さて、次は愛知県稲沢市国府宮は、裸祭りで超有名ですね!自分も20年位前に要領を得ないまま連れられてふんどしに路上で着替えて、人についていったら横からいきなり水をかけられた苦い経験があります。しかし、その後、ふんどし*水*祭りに感化されてか、岐阜市池ノ上の12月のみそぎ祭りの夜22時の部(この2年は15時のみ)に長良川に入水しています。
さて、脱線をもどして国府宮のG邸はお盆前に解体。シロアリに苦労した古い家を壊しての建替えです。

20160823n-5 20160823n-6

20160823n-7 20160823n-8

地盤調査の結果は・・・まだですが、あの回転と沈み方はたぶん〇では?!
まだ判定前ですが

ところ変わって、岐阜市の街中の大動脈都通りの近くのO邸。ここも古い家の解体からスタートです。

20160823n-9 20160823n-10

20160823n-11 20160823n-12

しかし、O邸はC級の難易度!前面道路が狭い一通で目の前に電柱が。(写真にはないですが)
さらに、ご両親の家が手前で、3m程の通路の奥の家を解体です。
それも、周りには家だらけ!!!年配の方も多く、日中も家にいるので、振動や音でご迷惑もかけます。
それでも解体のプロは丁寧に慎重に、そしてチャクチャクと進めています。まずは無事の解体が大切。

最後に、今週建て方の富加町のH邸

20160823n-13 20160823n-14

基礎が完成して、いい天気を待つだけ!台風一過で晴天予定です。
それでも“雨を呼ぶ男”としては、気が気じゃないのが本音かな?

                            (木の家ランナーズ1号)

【2016/08/23 10:27】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |


-
新しい工事を進めるよりも、完成済みの家の設計ミス・工事ミス、完成後定期点検の対応漏れ・遅れ、入居後に発生・発覚した欠陥、追加工事のミスなど諸々への強いクレームを放置している。その対応が先であろう。


-
貴重なご意見ありがとうございます。
新しいお客様も、すでにお住まいを建てさせていただいたお客様も大切なお客様です。
弊社の対応に問題があれば、私、社長の携帯090-3252-5263まで、直接ご連絡ください。
よろしくお願いします。

社長


コメントを閉じる▲
7月に上棟した愛知県一宮市のK邸、上棟式には今まで一番かもしれないくらい多くのギャラリーでした。

20161812n-1.jpg 20160812n-2.jpg

20160812n-3.jpg 20160812n-4.jpg

20160812n-5.jpg

K邸は以前建っていた建物を壊す時に数本の梁を残し、使えるものを厳選しました。
結構、虫食いがあり、一番いいモノで太い梁を一本選び、リビングの大きな吹抜けの真ん中に配置。
上棟式の写真では右上の丸太がそれです。
上棟式には、K様ご家族以外に、親戚・友人・近所の人などギャラリーで20人近くも集まりました。
いつもの木遣唄は、みんなより気合いが入り、いい歌声でした。終わると大きな拍手!

何か思いが伝わった感じがして、気持ち良かった木遣唄でした。

以前の住まいのモノを再利用する先祖を大切にした考えが、より多くの人をひきつけ、心がつながるのではとお盆のこの時期にそう感じます。

20160812n-6.jpg 20160812n-7.jpg

20160812n-8.jpg

現在は荒壁塗り中です。息の合った荒壁屋さんコンビ。あっという間に竹小舞が埋まっていきました。

ところ変って、岐阜県加茂郡富加町のH邸はお盆明けの上棟に向けて、基礎が完成。
山に近い所で産まれ育った若いご夫婦が選んだ土地は、川と緑と田んぼ、少しの所に山のある自然豊かな場所。

20160812n-9.jpg 20160812n-10.jpg

20160812n-11.jpg 20160812n-12.jpg

いい天気になるといいです!

さて、お盆にビックリなことが。つい先日、最新の本庄ニュースが届き、それを見て関のそばきり助六さん夫妻から母のことで電話がありました。「最後に会ったのは、2年前のNHKのど自慢の関大会の予選に、本庄の社員のTさんが出るのでその応援の時に寄っていただいて、その時の様子が忘れられなくて」という電話でした。

その日の夜、家に帰ると、今年高卒で働き始めた長男が「お盆に高山でNHKのど自慢の予選参加の通知が来た」と興奮気味。私も、助六さんの電話の日に、こんなことが!とビックリ。
予選参加だけでも、かなりの競争率と聞きますが、無欲の一枚のハガキで得たチャンス。もしくは、初盆の引き寄せパワーか!?
歌は大好きだけど、すごく上手いわけではありませんが、天に届くように一生懸命に唄うと思います。
Tさんが果たせなかった予選通過の夢も背負って、「スタートライン」を熱唱するはず。

土曜日の予選通過すれば、14日(日)の12:15の本番でお茶の間登場!となります。

28日の木工フェアを手伝ってくれる長男を見かけたら、結果を聞いてみてください。


                                  (木の家ランナーズ1号)

【2016/08/12 10:01】 | 未分類
トラックバック(0) |


n嫁。
お久しぶりです~!


予選だけでも 相当の人数なんですね~‼
楽しく、いつも通りに♫
がんばって~‼



木の家ランナーズ1号
nさん 応援ありがとうございました!
予選通過はならなかったですが、ヒロキは熱唱しました。そして、のど自慢の予選会中、最前列で釘づけで見て、また予選会後、審査中の時間に行われた“大カラオケ大会”ではステージの上で「島人ぬ宝」(ビギン)も大勢の人に向かって熱唱して、のど自慢を満喫してました。
すごく上手い人やとても個性的な人がいましたが、その多くの人は落ちました。
また、次回どこかでと切り替えたようです。
本人から報告近いうちにあると思います。



-
人と人とのつながり?
そちらの工事ミスに起因するクレームを無視・放置している会社が言う言葉?

コメントを閉じる▲
20160811h-5.jpg

15:00 
西日が射しこむ土間 
玄関の暖簾は気持ちよく風に揺られてはいますが・・・

室温は
20160811h-1.jpg

展示場の桧の温度は これらはどこ?
20160811h-4.jpg 20160811h-2.jpg 20160811h-3.jpg 

室内の風車は 
20160811h-6.jpg 20160811h-7.jpg ・・・

猛暑日の 15:00の暑さを 是非 ご体感ください
タオルをお忘れなく!
                               H

【2016/08/11 15:42】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |
今週日曜日に見学会のF邸は、岐阜市ですが、すぐ前の土地は岐南町、ほんの少し東は各務原市、そして数百メートル南は岐南町と、岐阜市の東南の端の端です。
14坪の総2階の28坪のボリュームの建物で、4人が住む住まいとしては、けして大きくはありません。(中には1坪の吹抜けがありますが)
しかし、想いはタップリ込められています。何より木が大好きで、木に囲まれた空間にしたいということで、限られた予算の中でJDフォレストで作りました。

84-1.jpg  84-2.jpg

84-3.jpg  84-4.jpg

84-5.jpg  84-6.jpg

84-7.jpg  84-8.jpg

取っ手にこだわりました。玄関建具も、玄関収納の建具も。玄関収納の取っ手は、建具屋の大ちゃんがとてもユニークなアレンジをしてくれました。ケヤキ板のノタ(皮部分)の残りを上手く加工。
無垢の板にもこだわりました。玄関敷台はケヤキ、玄関収納とキッチンカウンターは桧、そしてテレビ台は杉。
1Fは、14坪の中にLDKと水回りと階段と廊下がありません。LDKは19帖あります。
キッチン背面には、使い勝手の良さそうなオリジナルの造作キャビネットも。

84-9.jpg  84-10.jpg

84-11.jpg


照明器具も入りました。玄関吹抜けには、とても雰囲気のある和紙のタイプが二つ。
キッチンカウンター上にはお洒落なペンダント。

そして、木が大好きなF様が喜んだのは、予定よりかなり大きくしたために取り付けられた玄関庇の柱に、玉杢のような杢目が点々と。その下にインターフォンがありますが、上を見上げると、玉杢のような浮き出た木目があります。

84-12.jpg  84-13.jpg

ケヤキやタモなどが多い玉杢で、この桧のが本当に玉杢かはわかりませんが、
ご見学の方は、玉杢のように見えるこの柱を見つけてください。

ちなみに、F様のお仕事は建築系ですが、木がふんだんの本庄の家ではあまり使われないことをされています。ですので、ご自宅でのお仕事の出番はありませんでした。でも、それは信頼の証でもあります。裏切らないようにこれからも務めます。

                             (さすらいのウッォチャー)



【2016/08/04 09:48】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
和瓦、土壁、丸太の大黒柱、オールそとん壁など、和テイストながらモダンさのある北野のM邸はいよいよ完成です。
明日が見学会。
建具が入るとグッと引き締まって雰囲気が変わりました。

20160723n-1.jpg 20160723n-2.jpg

20160723n-3.jpg 20160723n-4.jpg

20160723n-5.jpg

玄関入って正面にある丸太の大黒柱。郡上で目の前で伐採したものを使っています。けして真っ直ぐではないし、きれいな円でもないため、そこに当たる建具が難しい。
土間と畳の居間の3枚の障子戸が上手く収まるでしょうか?建具屋の大ちゃんが、杉の枠を丸太に合わせて削ってくれましたが、その効果は・・・現場でわかります。

畳の居間には市松模様の建具も付きました。いいアクセントです。さらに、その右側のキッチンガスコンロ裏の収納の扉には、ホーローが貼ってありホワイトボードにもなります。

20160723n-6.jpg 20160723n-7.jpg

水まわりには造作収納があり、室内物干し・衣類収納も動線を考えて設置してあります。

20160723n-8.jpg 20160723n-9.jpg

桧の玄関建具にウイスキーの樽の取っ手が付きました。樹齢約100年のオークが欧州で約80年樽として使われた物の再利用です。
削るとまだお酒の匂いがするよと、建具屋の大ちゃん。

見学会は10~17時までとなっています。

                     (さすらいのウォッチャー)

【2016/07/23 10:16】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
20160717h-1.jpg

20160717h-2.jpg

夏休みにご来場のお子さんたちに
自由に体験いただけるコーナーです

昨年までのうちわと石に加え
桧のコースターも仲間入りしました
コースター以外にもドアプレートなど発想は自由です

身近にある物で楽しく ・・・姉妹や親子でお揃い ・・・

ご来場の際は 是非描いて下さいね

                             H

【2016/07/17 10:26】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |