本庄工業の自由日記
今朝は寒かったですね

CIMG6655.jpg

庭のドウダンツツジが可憐な花を咲かせています
・・・
室内では まだ焚いていますよ

CIMG6670.jpg

今朝のように最低気温が5℃に達しない日は
ストーブ前で 炎を見ている時間が あったかくて幸せです
(サツマイモ持ってこればよかったな・・・)

CIMG6668.jpg

展示場では 「雑誌に載った家を探るコーナー」を設置!
今まで雑誌でご紹介させていただいて、お客様に「ステキ」と言って頂いた
お宅の記事や模型・写真を展示しています
紙面だけではわからなかったこと、模型で立体的に・・・屋根を外して室内探訪
雑誌には載っていなかった場所も写真で・・・
ご自宅に思いを巡らせ 是非ご参考にしてください

                              H

【2018/04/08 10:33】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |
「うだつが上がる・上がらない」という言葉は建築が語源です。
少し諸説もありますが、町家で防火壁を作れる人は甲斐性があったり、裕福だったりとする説があります。

330-1.jpg 330-2.jpg

4月1日の日曜の完成見学会の岐阜市大福町のT邸は準防火地域。
玄関に木製建具を入れようとすると、ちょっと工夫が要りました。
そのために、うだつの発想で防火壁をつくり、玄関先なので視線を隠したり、
また、軒をかなり深くして自転車とかも置けるようにと、
一粒で3度美味しいアーモンドキャラメルもビックリの使い道ができます。

330-3.jpg 330-4.jpg

桧の木製玄関戸の奥には、ステンレスの網戸を入れた格子網戸があり、
目隠しをしながらよく風も入ります。

330-5.jpg 330-6.jpg

薪ストーブも設置されました。居間の上部には吹抜けがありますが、
この写真の時、2階の窓のシャッターは下されていて、その吹抜けの明るさ効果は是非現場で!

住まいは大きくはないけど、風と光が行き亘る工夫が彼方此方にあります。

建具が入ってグッとしまったT邸の良さは見ないとわからないので、ご関心ある方はどうぞ!

朝一は予約埋まっています。

                         (木の家ランナーズ1号)

【2018/03/30 13:49】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
垂井のY邸は荒壁の住まいです。荒壁の片面終わった時点の写真です。

317-1.jpg 317-2.jpg

もう両面塗りは終わって、養生しながら、大工さんの造作中です。

岐阜市は県庁の少し南西のW邸は、終の棲家の平屋。
6年前に隣で建築させていだいた設計士の息子様の設計で、
小さいながら、大きな木製サッシと白くさらりとした漆喰で、
明るく数字以上の広がりのある住まいになるでしょう!

317-3.jpg 317-4.jpg

317-5.jpg 317-6.jpg

317-7.jpg

和室の高さを抑えた窓には引分けの内障子が付きます。
木製建具が入ると、グッと変化するはずです。

次は、江南のN邸。ここも荒壁の住まいで二世帯。郡上で伐採の桧の柱もあります。
2階の床続きの小屋裏スペースと、ロフトと空間を最大限に活用します。

317-8.jpg 317-9.jpg

317-10.jpg 317-11.jpg

317-12.jpg

深い軒、吹抜けと光と風を考えてあります。

最後は岐阜市の森のすみかの少し北のT邸。
4月1日に見学会ですが、大詰めにさしかかってきました。

317-13.jpg 317-14.jpg

外壁は南面はシラスそとん壁ですが、ほぼ見えない東北西は変えました。
両サイドに家に囲まれた敷地状況で南の真ん中に吹抜けを設けました。
光と風の道を作ってくれます。

317-15.jpg 317-16.jpg

キッチン裏の北側になる脱衣室に南からの光と風が入るように工夫しました。

完成まで、あと少しです。

また、始まってきた現場も紹介します。

                                  (ゲンバーマン)

【2018/03/17 16:03】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
3月に入りました。丁度2週間前には、長崎は佐世保の吉田俊道さんの食育セミナーでした。
 
0 (400x295)
 
土の中の菌を元気にして、栄養たっぷりの無農薬野菜などを作ったり、
全国で菌ちゃん野菜の作り方や元気で健康になる食べ物の講演をしています。

多くの方にご参加いただき本当にありがとうございました
60人定員としていましたが、
風邪やインフルで減ったり、でも直前で増えたりと
結局約70名近くの参加者となり、会場パンパン!

1 (250x138) 2 (250x229)

3 (250x188) 4 (250x204)

5 (250x140) 6 (206x300)

座布団がメインでゆったりとした感じではなく
メモも取りにくく申し訳ありませんでした。
参加者との距離が近く、アットホームな感じではありましたが
約2時間少し窮屈をおかけしました。

菌ちゃん先生との距離1m切り 、もう砂かぶり席どころか
“菌ちゃんミネラル入りツバかぶり席”となりました。

しっかりお話しを聞きたかったんですが、 最初に紹介の話をした後は、
後ろでお子ちゃま達のお世話と時々吉田さんの話に耳を傾けるって
そんな感じで、半分聞けたかな~、 1/3くらいかな~って感じでした。

でも、食べ物にはミネラル、ファイトケミカルが大事で、 今の世の中の野菜にそれが少なくなっていること、
土とお腹がつながっていることなど、多くの人に聞いてもらえてよかったかな~と思います。

また、いつか菌ちゃん先生来てもらいたいな~思っています。

                             (木の家ランナーズ1号)

【2018/03/02 10:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
25日(日)には、岐阜市柳津町でH邸の完成見学会です。
とてもいい感じに仕上がりました。

222-1_20180223152509409.jpg 222-2_20180223152511674.jpg

222-3_20180223152512476.jpg 222-4.jpg

大きな木製建具が入りました。キッチン横の格子の向こうで何をするのか・・・それは現場を見て説明します。階段下の土間収納も目一杯収納棚。
そして、全部引込むことができる障子戸で、光を調整。

222-5.jpg 222-6.jpg

222-7.jpg 222-8.jpg

222-9.jpg 222-10.jpg

2階には動く格子を設置。また、収納充実の納戸も使いやすそうです。

午前は、かなり一杯になってますが、午後はまだ空いています。

ご見学はご予約お願いします。

                            (さすらいのウォッチャー)

【2018/02/23 15:27】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
2016年2月16日(火)の午前に母が他界しました。

丁度その日は、2020年から変わると予定されている住宅の省エネについての、コアな木造系の土壁やログハウスなど伝統的な建て方の住宅に向けての方向性を探る、 重要な報告勉強会が東京の衆議院第二議員会館で開催されました。
 
筑波大の安藤先生をはじめ、コアな木造系で著名なシティの高橋さん、元アルゼットの篠さん、熊本からいつも熱く発信されている古川さんらと、同世代で頑張っている埼玉の綾部さん、鎌倉の日高さん、畑のあるアパートの山田さんらから、昔からある木造住宅を建てられる道筋を残すことの大切さを、国会開催前に報告・アピールする目的だったはず。
あっと言う間に定員が埋まったその会に申込みができ、楽しみにしつつ上京。

しかし、前日や前々日の病院での母の足の冷たさ、反応が気になっていました。

今でもよく覚えています、地下鉄の新橋駅の改札を入った直後の連絡でした・・・
すぐに、とんぼ返りとなりました。

その日のことを、先日の名古屋で行われた埼玉の綾部さんの取組みの勉強会で、使われた資料を見て思い出しました。
222-1.jpg



省エネの件は、その後、徐々に方向性が見えてきて、まだまだの部分もありますが 「気候風土適応住宅」という道筋ができそうではあります。クリアすべき壁もありますが。
222-2.jpg


10年前の2008年9月に、京都で集合した全国から約20人の木に携わっている(山・製材・大工・工務店・設計・雑誌など)アラフォーの会で、埼玉の綾部さんと出会いすごい人がいるんだと刺激を受けたことを思い出しました。
222-3.jpg


あれから、もう2年だし、もう10年・・・

                      (木の家ランナーズ1号)  


【2018/02/22 16:47】 | 未分類
トラックバック(0) |
今週日曜には、「薪ストーブ入門セミナー」があります

いつも薪ストーブ工事をお願いしているさくらプランニング岐阜展示場で開催

20180216-1.jpg
(お子様連れでご参加いただけます)


薪ストーブの基本的なことを(いいこと、大変なことなど)をしっかり確認します

20180216-3.jpg
(着火方法を実演してもらい確認)

そして、ユーザーからのお話は今シーズンで10年目のプロの方

柿農家で、普段メインの薪は柿で、柿の何が大変かってことをお話しいただけると思います

ストーブはLDKの中心にあり、きっと冬は毎日ご家族で薪ストーブを囲っているのではと思います

薪ストーブをこれからとお考えの方はぜひどうぞ!

20180218-3.jpg
(ユーザーさんからのお話をじっくり・・・)


                            (木の家ランナーズ1号)

【2018/02/16 10:30】 | イベントの森
トラックバック(0) |
加茂郡坂祝(さかほぎ)で建築してきましたK邸も建具が入りほぼ完成!
オリジナルの桧の建具には、珍しいウイスキーの樽のリサイクル取っ手(もう残り僅か)が付きました。
東側には通り土間があり、勝手口からもつながります。
東の道路側の大きな窓には、目隠しと防犯を兼ねた格子がついていますが、どれだけ居間に明かりが入ってくるか見ものです。そして土間収納も充実!

206-1.jpg  206-2.jpg

206-3.jpg  206-4.jpg

206-5.jpg  206-6.jpg

206-7.jpg  206-8.jpg

居間の上部には大きな吹抜けがありますが、まだ養生でフタがされています。
このフタがなくなると、抜群に光と風が入ってきます。

206-9.jpg  206-10.jpg

建具もオリジナル洗面化粧台もお洒落!ミラーキャビネットが付いたらグッと引き立つでしょう!

206-11.jpg  206-12.jpg

2階の大きな窓でとても明るい。キャットウォークのアイアンの手すりもカッコ良く取付きました。

さて、当日には薪ストーブも設置され焚きます。陽が差せば、そこそこ暖かくなると思いますが、天気が怪しいので、薪ストーブの恩恵がどれくらいかを計れるチャンスです。

予約は徐々に埋まってきていますが、まだ空いてますので、ぜひこの機会にどうぞ!

                           (さすらいのウォッチャー)





【2018/02/06 19:07】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
2月15日(木)10時~12時の2時間、
長崎で生ごみを活かし土を細菌で元気にして、 野菜を無農薬で育てて販売をしている、

そして、その菌ちゃんたっぷりの土での栽培方法を全国に広げるべく日本中講演もしている
吉田俊道さんの食育セミナーを行います。

このセミナーは、食を大切にするお客様と、それぞれ違うルートで吉田さんとつながっていたものが偶然に合致し、自然発生的コラボによるものです。

セミナータイトル
「元気な野菜でおなか畑に奇跡が起きる!」

以前「元気な無農薬野菜には、虫は付きにくい」と吉田さんの話を読んで感銘を受けました
それ以来、吉田さんの野菜や元気っ子というふりかけなどを注文して、我が家の食卓にはよく登場します。

土を育てることから始まる食育の話ですが、 「へぇー!」「そういうことか」と驚きと納得、そして心揺さぶられる感動のお話が聞けるはずです。

今、出回っている食べ物に不足しているものが、 生活習慣病や低体温や精神的な病気などにも影響している部分もありそうです。

「私たちの身体は、私たちの食べた物でできている」・・・これは、5年前小学校でおにぎりの日を立ち上げた時の最初のプリントの冒頭で書いたメッセージです

どんなものをどう食べたら、身体によりいいのか、
一緒に勉強したい方は、ぜひ お気軽にどうぞ!

0201.jpg


                               (木の家ランナーズ1号)



【2018/02/01 10:59】 | イベントの森
トラックバック(0) |
今朝も氷点下でしたね
14:30 外気温は7℃を超えましたが、展示場の玄関先の雨水壺・・・

20180114-1.jpg

20180114-2.jpg

氷がちっとも融けません
昨年末にお客様から頂いた 「パンダメダカ」くんたちに
最近挨拶ができません 元気かな?

室内は、お日様も差し込み

20180114-3.jpg 20180114-5.jpg

いい感じです

晴れた日・雪の日・曇の日・・・いろいろとご体感ください
もちろん 薪ストーブも焚いています
・・・
薪ストーブに関心のある方は
1/21 薪ストーブ入門セミナーにも是非
ご参加ください ご予約お待ちしております
                             H

【2018/01/14 14:53】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |