本庄工業の自由日記
「うだつが上がる・上がらない」という言葉は建築が語源です。
少し諸説もありますが、町家で防火壁を作れる人は甲斐性があったり、裕福だったりとする説があります。

330-1.jpg 330-2.jpg

4月1日の日曜の完成見学会の岐阜市大福町のT邸は準防火地域。
玄関に木製建具を入れようとすると、ちょっと工夫が要りました。
そのために、うだつの発想で防火壁をつくり、玄関先なので視線を隠したり、
また、軒をかなり深くして自転車とかも置けるようにと、
一粒で3度美味しいアーモンドキャラメルもビックリの使い道ができます。

330-3.jpg 330-4.jpg

桧の木製玄関戸の奥には、ステンレスの網戸を入れた格子網戸があり、
目隠しをしながらよく風も入ります。

330-5.jpg 330-6.jpg

薪ストーブも設置されました。居間の上部には吹抜けがありますが、
この写真の時、2階の窓のシャッターは下されていて、その吹抜けの明るさ効果は是非現場で!

住まいは大きくはないけど、風と光が行き亘る工夫が彼方此方にあります。

建具が入ってグッとしまったT邸の良さは見ないとわからないので、ご関心ある方はどうぞ!

朝一は予約埋まっています。

                         (木の家ランナーズ1号)

【2018/03/30 13:49】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
垂井のY邸は荒壁の住まいです。荒壁の片面終わった時点の写真です。

317-1.jpg 317-2.jpg

もう両面塗りは終わって、養生しながら、大工さんの造作中です。

岐阜市は県庁の少し南西のW邸は、終の棲家の平屋。
6年前に隣で建築させていだいた設計士の息子様の設計で、
小さいながら、大きな木製サッシと白くさらりとした漆喰で、
明るく数字以上の広がりのある住まいになるでしょう!

317-3.jpg 317-4.jpg

317-5.jpg 317-6.jpg

317-7.jpg

和室の高さを抑えた窓には引分けの内障子が付きます。
木製建具が入ると、グッと変化するはずです。

次は、江南のN邸。ここも荒壁の住まいで二世帯。郡上で伐採の桧の柱もあります。
2階の床続きの小屋裏スペースと、ロフトと空間を最大限に活用します。

317-8.jpg 317-9.jpg

317-10.jpg 317-11.jpg

317-12.jpg

深い軒、吹抜けと光と風を考えてあります。

最後は岐阜市の森のすみかの少し北のT邸。
4月1日に見学会ですが、大詰めにさしかかってきました。

317-13.jpg 317-14.jpg

外壁は南面はシラスそとん壁ですが、ほぼ見えない東北西は変えました。
両サイドに家に囲まれた敷地状況で南の真ん中に吹抜けを設けました。
光と風の道を作ってくれます。

317-15.jpg 317-16.jpg

キッチン裏の北側になる脱衣室に南からの光と風が入るように工夫しました。

完成まで、あと少しです。

また、始まってきた現場も紹介します。

                                  (ゲンバーマン)

【2018/03/17 16:03】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
25日(日)には、岐阜市柳津町でH邸の完成見学会です。
とてもいい感じに仕上がりました。

222-1_20180223152509409.jpg 222-2_20180223152511674.jpg

222-3_20180223152512476.jpg 222-4.jpg

大きな木製建具が入りました。キッチン横の格子の向こうで何をするのか・・・それは現場を見て説明します。階段下の土間収納も目一杯収納棚。
そして、全部引込むことができる障子戸で、光を調整。

222-5.jpg 222-6.jpg

222-7.jpg 222-8.jpg

222-9.jpg 222-10.jpg

2階には動く格子を設置。また、収納充実の納戸も使いやすそうです。

午前は、かなり一杯になってますが、午後はまだ空いています。

ご見学はご予約お願いします。

                            (さすらいのウォッチャー)

【2018/02/23 15:27】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
加茂郡坂祝(さかほぎ)で建築してきましたK邸も建具が入りほぼ完成!
オリジナルの桧の建具には、珍しいウイスキーの樽のリサイクル取っ手(もう残り僅か)が付きました。
東側には通り土間があり、勝手口からもつながります。
東の道路側の大きな窓には、目隠しと防犯を兼ねた格子がついていますが、どれだけ居間に明かりが入ってくるか見ものです。そして土間収納も充実!

206-1.jpg  206-2.jpg

206-3.jpg  206-4.jpg

206-5.jpg  206-6.jpg

206-7.jpg  206-8.jpg

居間の上部には大きな吹抜けがありますが、まだ養生でフタがされています。
このフタがなくなると、抜群に光と風が入ってきます。

206-9.jpg  206-10.jpg

建具もオリジナル洗面化粧台もお洒落!ミラーキャビネットが付いたらグッと引き立つでしょう!

206-11.jpg  206-12.jpg

2階の大きな窓でとても明るい。キャットウォークのアイアンの手すりもカッコ良く取付きました。

さて、当日には薪ストーブも設置され焚きます。陽が差せば、そこそこ暖かくなると思いますが、天気が怪しいので、薪ストーブの恩恵がどれくらいかを計れるチャンスです。

予約は徐々に埋まってきていますが、まだ空いてますので、ぜひこの機会にどうぞ!

                           (さすらいのウォッチャー)





【2018/02/06 19:07】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
今週になり、伊吹山にようやく本格的な積雪。
その伊吹おろしが吹き始める垂井町のY邸は基礎着工。

1216-1.jpg 1216-2.jpg

1216-3.jpg 1216-4.jpg

写真だけで基礎の特徴がわかるかな~
パッと見ただけで一般的な基礎とは違う所もあります。

垂井から東へ移動して瑞穂市巣南町のM邸は
造成工事が開始。敷地内のブロック積と、伸び放題だった水路敷の整地をしていきます。

1216-5.jpg 1216-6.jpg

1216-7.jpg 1216-8.jpg

隣りの完熟の柿が気になります

そして、さらに東へ大きな川を二つ超えて愛知県江南市では
N邸の造成が終わり、いよいよ来週から地盤補強工事開始。

1216-9.jpg 1216-10.jpg

来年2月上旬の上棟に向けて、スタートします。

最後は、岐阜市の森のすみかから北へ5分のT邸。

124-11.jpg 1216-12.jpg

1216-13.jpg 1216-14.jpg

家に囲まれながらも、庭もしっかり取れる、“小さくても大きな暮らしができる素朴な木の家”の木箱のコンセプトが感じる住まいが、週明け上棟!
今年最後の上棟の天気はどうか?順調に進むか?
終わりよければ全て良し、とは都合がいいけど、朝の冷え込みくらいOK牧場!

今年最後の木遣唄を元気に唄います!

ちなみに、お施主様のT様と先週土曜日に、池ノ上みそぎ祭で長良川に15時に入り、清め、準備万端!

                                (木の家ランナーズ1号)

【2017/12/16 15:48】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |