本庄工業の自由日記
今週日曜には、「薪ストーブ入門セミナー」があります

いつも薪ストーブ工事をお願いしているさくらプランニング岐阜展示場で開催

20180216-1.jpg
(お子様連れでご参加いただけます)


薪ストーブの基本的なことを(いいこと、大変なことなど)をしっかり確認します

20180216-3.jpg
(着火方法を実演してもらい確認)

そして、ユーザーからのお話は今シーズンで10年目のプロの方

柿農家で、普段メインの薪は柿で、柿の何が大変かってことをお話しいただけると思います

ストーブはLDKの中心にあり、きっと冬は毎日ご家族で薪ストーブを囲っているのではと思います

薪ストーブをこれからとお考えの方はぜひどうぞ!

20180218-3.jpg
(ユーザーさんからのお話をじっくり・・・)


                            (木の家ランナーズ1号)

【2018/02/16 10:30】 | イベントの森
トラックバック(0) |
2月15日(木)10時~12時の2時間、
長崎で生ごみを活かし土を細菌で元気にして、 野菜を無農薬で育てて販売をしている、

そして、その菌ちゃんたっぷりの土での栽培方法を全国に広げるべく日本中講演もしている
吉田俊道さんの食育セミナーを行います。

このセミナーは、食を大切にするお客様と、それぞれ違うルートで吉田さんとつながっていたものが偶然に合致し、自然発生的コラボによるものです。

セミナータイトル
「元気な野菜でおなか畑に奇跡が起きる!」

以前「元気な無農薬野菜には、虫は付きにくい」と吉田さんの話を読んで感銘を受けました
それ以来、吉田さんの野菜や元気っ子というふりかけなどを注文して、我が家の食卓にはよく登場します。

土を育てることから始まる食育の話ですが、 「へぇー!」「そういうことか」と驚きと納得、そして心揺さぶられる感動のお話が聞けるはずです。

今、出回っている食べ物に不足しているものが、 生活習慣病や低体温や精神的な病気などにも影響している部分もありそうです。

「私たちの身体は、私たちの食べた物でできている」・・・これは、5年前小学校でおにぎりの日を立ち上げた時の最初のプリントの冒頭で書いたメッセージです

どんなものをどう食べたら、身体によりいいのか、
一緒に勉強したい方は、ぜひ お気軽にどうぞ!

0201.jpg


                               (木の家ランナーズ1号)



【2018/02/01 10:59】 | イベントの森
トラックバック(0) |
今週日曜日は、岐阜市の北で少し寒いイメージのある山県市の旧伊自良で、6年目に突入する木の家の見学会があります。

1028-1.jpg  1028-2.jpg

1028-3.jpg  1028-4.jpg

平屋風に見えますが、一部二階があります。土間の大谷石が経年変化で色がうぐいす色に変色してきています。玄関建具の取っ手は荷車の車軸を利用。
そして、土間の上部には3代前の家にも使われていた梁を再利用。

1028-5.jpg  1028-6.jpg

土間から居間をみると、大きな丸太の梁の下に木彫りのふくろうが、土間へ視線をそそぐ。

実は、「この木彫りのふくろうに合う木の家を、このふくろうが丁度いい場所に置ける間取りで」と7年前の住まいづくり打合せのスタート時に言われた要望でした。

5回の夏と冬を体感したF様より、貴重なお話も聞けるとはずです。また木の家の経年変化もご覧いただけます。

                                  (木の家ランナーズ)




【2016/10/28 10:07】 | イベントの森
トラックバック(0) |
8月28日(日)に行いました本庄最大のイベントの木工フェアの報告の続きです。

20160925n-1.jpg

今年の大物たちが受付横で見本として並んでいます。今年新登場の「ちゃぶ台」の人気はいかに?

20160925n-2.jpg 20160925n-3.jpg

やはり大物系に人気がある感じでした

20160925n-4.jpg 20160925n-5.jpg

20160925n-6.jpg 20160925n-7.jpg

20160925n-8.jpg

その中でもコーナー棚と縁台とちゃぶ台が伸びていきました

20160925n-9.jpg 20160925n-10.jpg

20160925n-11.jpg 20160925n-12.jpg

20160925n-13.jpg 20160925n-14.jpg

20160925n-15.jpg

さて、最終結果は?
コーナー棚27、縁台とちゃぶ台が25、Jパネル腰掛22、ベンチ15と僅差でコーナー棚に軍配!

今年も多くの人と出会い、たくさんの笑顔が見れ、そして笑い声が聞けて本当にうれしくなりました。

来年ももっとたくさんの出会い、笑いのイベントにしていきたいと思います。
充実のピンク&グリーン軍団です。

20160925n-16.jpg


【2016/09/25 10:53】 | イベントの森
トラックバック(0) |


-
イベントに総動員する暇はあっても、
自分たちの工事で壊した、客の隣地内のものを
直してほしいという要望は無視し続けてる。
とんでもないことです。
「なにかあれば社長の携帯へ」って書いてありましたけど、
その社長に言ってあるのに放置しているから本当に困りました。
お客やその近隣の方を何だと思っているのでしょう。
そのくせイベント?
これ、事実ですからね。


-
直接やり取りしていた社長、
急に病気になって突然来なくなった営業を引き継いだという人、
現場監督の人。

いずれからも無視されています。

何かおかしな要求をしたでしょうか?
あなたたちが壊したものを直してほしいと言っているだけなのに。

これまでの諸々のこともあり
本庄工業のせいでうちはむちゃくちゃになりました。

事実に反する、名誉棄損だ、営業妨害だといって
訴えたいならどうぞ。

あなたたちがどんな対応をしてきたか、明らかになるだけです。


-
 今日は営業担当と現場監督の2人が来ました。工事の際に壊してしまった玄関アプローチの修理の件で打ち合わせをします、と言って来たのですが、実際に言った言葉は
「ブログへの書き込みを止めれば工事を進めます」とのことでした。それで今まで何週間も無視して連絡も一切なかったわけですね。そんな話は誰も聞いていないので、また作り話だと思われます。また脅しですね。結局打ち合わせは無しで帰っていきました。以前の営業担当の方との約束で直すことが決まっているのにも関わらず、このような対応、どうなんでしょう。信じられません。
 また、現場監督の方が「精一杯やりますので、よろしくお願いします。」と頭を下げていましたが、横にいた営業担当は突っ立ったままでした。本来なら営業担当が言う言葉ではないでしょうか。横に立っているだけ、何をしに来たのかわかりません。


-
 現場監督の方の「責任を持って対応します」
という言葉を信じるしかないですが、
今までの問題が山積しているので、
信じられるわけがありませんよね。

 以前も「私が責任を持って対応します」
と言っていた人がいたなあ、と思い出しました。
完全に責任放棄してますね。
自分でやると言っておきながら、部下に頭を下げさせ、
説明させるなんて、営業担当を含め、上司のやることではないですね。

会社の体制がよくわかります。

コメントを閉じる▲
8月28日(日)は本庄最大のイベントの木工フェアでした。朝から一日60組超えのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

830-1.jpg  830-2.jpg

今年の本庄軍団はピンクのTシャツで統一となりました。作るものでは、今年は大物系で新たな一品:「ちゃぶ台」が加わり、一番人気必至と誰もが予想しましたが、さてどうなるか?
また、台風で雨予報も少しある中、どれくらいのお客様がみえるか、期待と不安がある中、受付開始!

830-3.jpg  830-4.jpg

9:30の受付開始と同時に、車の嵐!しばらくは受付で長蛇の列。約30分は続きました。10時過ぎには30台以上の車で駐車場が満車近く。

「光る泥団子」は毎年リピーターが多く、その準備に左官屋さんの神戸さんがほぼ徹夜で仕込んでくれました。さあ、今年の一番人気は?

830-5.jpg  830-6.jpg

830-7.jpg  830-8.jpg

830-9.jpg  830-10.jpg

親や子に姿を見せるシーンもあり、親子一緒に電動ドリル使うシーンもあり、おじいちゃん・おばあちゃんが孫に姿を見せるシーンもありました。

830-11.jpg  830-12.jpg

830-13.jpg  830-14.jpg

お手伝いして頂いた板金屋のS君も途中から家族参加でニコッ!

10年以上前のお客様やここ数年のお客様、そしていろんなつながりのお客様がたくさん参加され、たくさんお顔を見られ、話ができ、とてもうれしくなりました。本当にありがとうございました。

お客様とのお話で一番ビックリしたのは、北方町のT様(最後の写真のご夫妻)との会話:
本庄マン「今年は去年ほど暑くはなかったですが、それでも8月以降ちょっと暑い日もありましたけど、まだエアコンの設置はなしですか?」
T様「エアコンまだ付けてないし、今年は扇風機も出してないですよ!」
本庄マン「・・・。うちも、夜は一度も使ってないですが、日中は2、3回エアコンつけたって言ってましたけど、家中で4台の扇風機がガンガンまわってます。恐れ入りました。」

T邸は北方町のまわりは家に囲まれた場所。それでも、そんな風でいけるなんてすごいな!

さて、木工フェアの一番人気は・・・それは、また次回のお楽しみ!





【2016/08/30 10:12】 | イベントの森
トラックバック(0) |


-
事前に決めた客との予定を、後で決まったそちらの営業活動で変更するのはやめていただきたい。営業活動のための予定は死守ですね。

都合の悪いコメントには一切返信なし。

会社の体制がよくわかる。


-
仲良しの客しか相手しません。

どんな時でも自分たちの予定を優先して
客の都合は知りません。



-
弊社で、お住まいを建てさせていただいた全てのお客様に、このイベントの案内をさせていただいています。もし、お届けがされていないようでしたら、お詫び申し上げますので、社長の携帯090-3525-5263まで、ご連絡ください。

社長



-
違います。
事前に客との予定がある日であるにもかかわらず営業活動の行事が入ったとかいうそちらの一方的な都合で客に予定の変更を言ってくることが問題だということ。

なお、社長の携帯電話番号は不特定多数の目に触れるこのような場所でオープンにすべきものではないと思います。
情報管理という点では、そちらの方は客の与信情報も他の客にペラペラしゃべっていますので、情報の重要性をよく認識してください。
家族構成や職業、ローンの借り入れがどうだったとか、自己資金がどうだったとか。

コメントを閉じる▲