本庄工業の自由日記
明日見学会の山県市の“受け継ぐ家”のF邸は建具が入り、床の養生が捲られ、今まで以上にグッと良くなった感じがします。

20111028-n1.jpg 20111028-n2.jpg

20111028-n3.jpg 20111028-n4.jpg

玄関の建具(桧)には、何とF家で代々使われていた荷車の車輪が取っ手に。
正面には、古い格子戸を部分補修して、磨いて、緩やかに奥のスペースとつなげる(目隠ししながら光と風を通す)壁としてはめ込みました。
さらに、土間上部には、F家の3軒前に使われていた梁を意匠的に取りつけました。

そして、土間の大谷石はいい感じです。薪ストーブが置かれるとさらにいい雰囲気になるでしょう。
それにしても、居間~土間~和室を両方から見ても、思わずニンマリしてしまいます。

    
                            (ゲンバーマン)

【2011/10/28 10:44】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
 夏場ににぎやかだった工場前の長良川も、人っ子一人いなくなりました。

 P1030266_convert_20111027151805.jpg

 事務所前のケヤキの紅葉も始まりました。山々も色づきだし秋本番と言った景色になりつつあります。

P1030260_convert_20111027151241.jpg


 弊社 郡上やまと製材工場では、郡上杉をはじめ桧・松を主に挽いています。
P1030269_convert_20111027151911.jpg

郡上杉からは、梁桁や羽柄材・下地材の生産をし、桧は柱材等の生産をしています。また、松からは製函材(パレット材)の生産をしています。

P1030262_convert_20111027151335.jpg


 11月3日の『伐採・製材見学』では、立木の伐採状況から伐採された丸太の製材方法(丸から四角へ)はたまた、木の端の行方・アトラクション等を行なう予定です。多数の御参加 工場スタッフ一同 お待ちしております。
また、急に朝晩は寒くなってきました。

DSC_0490_convert_20111027152626.jpg
10月27日 朝の気温 

防寒対策も忘れないようにお願いします。

                              (みちのく) 




【2011/10/27 15:10】 | 郡上からの手紙
トラックバック(0) |
今週29日(土)に見学会の山県市旧伊自良のF邸はいよいよ大詰め。大谷石の敷かれた土間の片隅には薪ストーブが置かれる予定ですが、その後のレンガ積みをF様自ら施工。

1026-1_convert_20111026123342.jpg 1026-2_convert_20111026123400.jpg

1026-3_convert_20111026123418.jpg 1026-4_convert_20111026123446.jpg


約1日半かけて完成。「立ったり座ったりの繰り返しで、足腰に応える。職人さんの大変さがホントわかりました」とF様。
四井監督のサポートもありましたが、なかなか素晴しい出来映え!レンガと大谷石と薪ストーブとがマッチしそうです。

1026-5_convert_20111026123503.jpg 1026-6_convert_20111026123534.jpg

そして、その土間は火山灰の塗り壁(中霧島壁)ですが、いつもと少し違った模様をつけたら、とてもいい感じになりました。左官屋さんも「これ流行るかも」と。

さらに、キッチンには手持のガス炊飯器などの家電をしっかり収める食器棚兼用のキャビネットを造作でつくりました。建具が付くとまた雰囲気が出そうです。

1026-7_convert_20111026123551.jpg 1026-8_convert_20111026123608.jpg

そして、吹抜けで2Fとつながる丸太梁の居間には、大きな和紙の照明。点灯するとすごくいい感じです。2Fの照明もレトロな乳白ガラスの吊り下げ照明。
ん?よく見ると大黒柱に何か小さな台のようなものが!
F様のこだわったものがそこに置かれる予定です。とてもカッコイイものですが、さて、見学会当日は???

1026-9_convert_20111026123633.jpg

土間の大谷石の養生を少しめくってチラリと。これだけでも雰囲気わかります。

後は建具。玄関の取っ手も特筆ものです!見学会で是非!漆喰手形も作れますよ!

                          (さすらいのウォッチャー)


【2011/10/26 12:41】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
養老の滝に設置した防音壁です。

DSC_0032_convert_20111025102826.jpg

高さ 2m 山手面に28m
      滝の周りに12m

DSC_0031_convert_20111025102712.jpg

今回は、支柱も丸太を使用しています。
周囲の環境にベストマッチしてますヨ

作る作業もけっこう手間掛けておりまーす。

                                  (チャッピー)

【2011/10/25 10:34】 | 郡上からの手紙
トラックバック(0) |
先日、昼過ぎに郡上市美並で打ち合わせして、夕方下呂市金山の築7年目のK邸に寄り、夜に高山で打合せをしました。(最近高山ついています!)

美並から金山に移動するのに悩んだ末とったルートは、朝早い時間から起きていたので眠気防止にと思い、郡上小那比~和良に抜ける山道ルート。しかし、想像以上にワインディングロードが続き、眠気じゃなくて頭が少しクラクラして、思わず途中下車。

すると、山の上の方では少し紅葉が始まっていたり、川縁に株杉が2本あるのを見つけ、川のせせらぎも耳に入り、ちょっとリラックス。自然のパワーを感じた。

20111024-n1.jpg 20111024-n2.jpg

しばらく走りどんどん山を登っていくと、そこら中切捨て間伐だらけ。伐られた細い杉が斜面に倒されて放置されている山の現状を見ながら、管理されている森と比較しながら車を走らせました。

20111024-n3.jpg

20111024-n4.jpg

真上の写真は枝打ちがされた桧の森で、陽も入り、下草が少し生えています。
11月3日に行う「山の伐採・丸太の製材見学」ではどんな森を見ることができるでしょうか?郡上の山の状況を知ったり、山や自然の癒しパワーを感じられるイベントになればと思います。多くの方のご参加お待ちしています!

20111024-n5.jpg

金山のK邸も薪の準備着々と進んでいました。シーズンまでもう少し!
しかし、夜の高山は10時過ぎに9℃で、10時半の荘川は6℃。もう焚き始めているかな?


【2011/10/24 14:02】 | イベントの森
トラックバック(0) |