本庄工業の自由日記
1月14日に上棟をした瑞穂市のO邸は、雨の前に屋根仕舞いも終わり、すぐに荒壁の下地の竹小舞かきが開始されていました。

20120131-n1.jpg

居間になるべく場所に長さ別に小舞竹が並べられ、テキパキと荒壁職人の宮崎さんら3人があっと言う間に竹小舞をかいていきます。棕櫚縄なので、ビニールの倍以上時間がかかると言いながら、いつも感心するスピードです。私の投げ掛けるいろんなトークにもイヤな顔一つなく?答えながら・・・。

20120131-n2.jpg 20120131-n3.jpg

構造の検査も難なく通り、荒壁土がまず表が塗られ、そして裏返しといきます。
裏返しの時は、O様も参戦です!

                    (さすらいのウォッチャー)

【2012/01/31 14:59】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
アチョー! 何に見えますか?

125-1_convert_20120125075138.jpg


今回の本庄ニュースにも紹介しましたが、以前から森のすみかを掃除する時に気になっていた床のこれは、まさしく今年の干支!に見えますヨネ?

辰年になるのを待っての公表ですが、反応は・・・。

森のすみかの1Fのとある床にいます。動いたりはしないはずです。
皆さんの審判を仰ぎたいところです。アチョー!

                          (原始少年リュウ)




【2012/01/25 07:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
21日 16:00 森すみNOW

20120121-h1.jpg 20120121-h2.jpg

VS

20120121-h3.jpg 20120121-h4.jpg

土壁の家の冬の寒さ体感として
大寒の本日から
エアコン暖房 VS 薪ストーブ
の寒さ比べをしています

写真左が 床上150センチ 右 同15センチ

午前中は 断然 エアコンに軍配
午後になって 薪ストーブが逆転
16:00には・・・
ちなみに
気象庁発表の 岐阜の気温・湿度は8.0℃・88%

温度と湿度 数字だけではわからない
その空気 感じて下さい
土曜日日曜日 実施しています
  
                    H

【2012/01/21 16:30】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |
年明け木造3連荘の上棟の取りのF邸は、朝から雲ひとつない快晴。朝一こそ放射冷却で冷えたものの、お日様パワーで徐々に気温も上昇。絶好の建前日和となりました。

20120121-n1.jpg 20120121-n2.jpg

地鎮祭を終えて、11時過ぎに現場に着くと、既に桁まで上がっていました。紅白幕が巻かれているのは久々のケヤキの尺角の大黒。存在感あります。

20120121-n3.jpg 20120121-n4.jpg

天気も良く、準備も良く、夕方までかなり順調に進み、余裕で上棟式を迎えました。南面の屋根が大きく間口もあるので、坪数以上に大きく見えます。瓦屋根が葺かれると抜群に雰囲気でると思います。

さらに、バルコニーから南を望むと、金華山と岐阜城もしっかり見えます。これは、間違いなく夏の花火のビューポイント!

20120121-n5.jpg

下を見ると、大黒柱の横で、F様と現場担当の武藤君が談笑。
この家は、段取りの鬼で、エネルギッシュな現場監督武藤君の親友の家なのです。
2年くらい前に、まだ具体的な計画がまとまっていない時、武藤君が「F邸をやる時は緊張するな~」と言ったことを覚えています。
友人、知人の住まいを任されることは、とてもうれしい反面すごくプレッシャーもかかります。他のお客様と同じようにと思いますが、いい意味でも悪い意味でも力が入り過ぎたり、力を抜いてしまったり。いつものようにとはなかなかいかないもので、その責任感を感じている言葉に取れました。

無事上棟してまずひと安心ですが、もうしばらく楽しくがんばろう!

                     (さすらいのウォッチャー)


【2012/01/21 10:00】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
阪神淡路大震災から17年の昨日の朝、17年も経てば扱いは小さいなと思いつつ、いやいや、東日本大震災の影響もあるからかえって今まで以上ではと考えながら、家と事務所で地方紙2紙読みました。扱いの差に少しビックリしましたが、どちらにしても、もっと大きく取り上げるべきではと感じました。

起きてきた子ども達に「今日は何の日?」と聞くと、11歳長女「・・・」14歳長男「いいなの日?」、よくダジャレトークしているのを少し反省。
気を取り直して「どこかで地震が」というと、ようやくわかったようです。確かに、生まれていないから、あの揺れを体験した者とは感覚的に記憶の内部に摺り込まれているものが違うからしかたがないかとも思いました。

しかし、昨夜、昼間に届いたある木造建築の勉強会の会報を読むと、3・11以降取り上げられることがしばしばある「天災は忘れたころにやって来る」の言葉の元を謳った物理学者寺田寅彦さんは、「いつ起きるかわからない天災に人間は対応できない。その被害を予防するには小学生からの災害教育が大切。」と訴えていると。

生まれる前のことだからしかたがないでは、親としての責任は果たしていないと反省しました。

               (木の家ランナーズ1号)


【2012/01/18 10:23】 | 未分類
トラックバック(0) |