本庄工業の自由日記
ちょっとベタなタイトルですみません。9月16日に見学会をした「土間キッチンの平屋の家」では、その翌日に現場でF様と監督の武藤君が土間でなにやらやっている。

20120924n-1.jpg 20120924n-2.jpg
 
20120924n-3.jpg 20120924n-4.jpg

その日はF様が薪ストーブ後のレンガ積みを行う予定。初めが肝心で、レンガの配置、モルタルの付け方など武藤先生より指導を受けてチャレンジGO!

20120924n-5.jpg  20120924n-6.jpg

初トライで一日で積み上げるにはかなりの作業です。しかし、作業開始1時間くらいのお昼前で3段まで積み上げていって、まずまずのペース。でも、材料の不足の心配も出てきて、買いに行ったりして、夜までに終わるかどうかと言うところで、私は打合せのため失礼しました。 夜にF様から「18時過ぎに15段完了」とメールが届きました。 ご夫婦二人仲良く作業されている姿はとても輝いていました。優しい言い回しが出来るご主人の姿が、自分と照らし合わせると恥かしくなります。家に帰ったら見習って言葉使い直そうと思いました。

20120924n-7.jpg 20120924n-8.jpg


一昨日のお引渡しに、いつも見学会やイベントでF様とW子ちゃんと仲良くしていた長男も連れて行ったら、「本当にいつもFさんは仲がいいね」とポツリ。正直な感想なんですが、ちょっと考えされられました。

                      (木の家ランナーズ1号)

【2012/09/24 17:49】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
日曜日見学会の山県市の「土間キッチンの平屋の家」は建具がほぼ完了。目玉でもある、和室のコーナーの1間の建具も入りました。

20120915n-1.jpg  20120915n-2.jpg

内から、内障子、木製サッシ(ペアガラス)、格子網戸、雨戸と全て1間です。そのため雨戸をはじめ、いろいろ現場監督、大工さん、建具屋さん、サッシ屋さんが知恵を出して作られています。和室の壁はほとんどが建具が引き込まれているので有効な壁がなく、コンセント類も少し犠牲にもなりますが。

20120915n-3.jpg  20120915n-4.jpg

トイレの中もさり気なく木でアクセント。タンク後の杉板は空いて収納になります!

20120915n-5.jpg

土間にはちょっと昔懐かしい収納を要望に応えて工夫しました。
社内検査をみんなでして、少し直しもありますがほぼ完成です。畳も入ってきました。


                          (さすらいのウォッチャー)

【2012/09/15 16:22】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
14日 15:00 森すみNOW

20120914h-1.jpg 20120914h-2.jpg

大変です 丸見えです
ひどい雷雨にもじっと耐えていた親鳩がいません
カラスが鳴くたびに気になって仕方がありません
早く戻ってくださいな
                         H

【2012/09/14 16:15】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |
今週日曜見学会の山県市の「土間キッチンの平屋の家」のF邸では、先日、照明器具もほぼ取り付け、いよいよ大詰め。

20120914n-1.jpg 20120914n-2.jpg

少しレトロな玄関土間の照明です。それから、いつもとちょっと違う感じに見えるロフトはしごは、斜めに付いています。上がり口の位置の関係で考えた上のアイディアでした。

20120914n-3.jpg 20120914n-4.jpg

玄関を入って土間が奥のキッチンまで続くF邸は大工さん造作の木製の型にステンレスの天板を被せます。今回は二層シンク。ステンレスの天板はとても重く細長い鉄製の重しを何個も置いて、曲がらないようにして接着。
システムキッチンのように便利な設備やちょっとありがたい細やかな収納などはありませんが、オープンなスペースと引出しのあるとてもシンプルなキッチンでF様色に染まるオリジナルなキッチンになると思います。

建具が入るとさらにいい感じになります。

                          (ゲンバーマン)

【2012/09/14 09:27】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
先週末の9月7日に調べ物で東濃へ。朝晩はかなり涼しくなってきましたが、日中はまだ暑い日が続いていて、この日も多治見が35℃超えで全国1位で、恵那市や中津川市も上位となった日でした。8時過ぎの瑞浪もぐんぐん気温上昇して30℃近く。
少し遠回りをして、初めて大正村の明智町へ。

912-1_convert_20120912181340.jpg 912-2_convert_20120912181358.jpg

ちょっと見ただけですが、明治に建てられた旧役場をはじめ、建物の屋根に寄棟が少し目立ちました。西洋文化の影響のようですが、もっと大正ロマン溢れるレトロな町並みをイメージしていましたが、建物は日本建築が多くある中に西洋建築が少し混じっているという感じでした。

その後、国道363号を北上して、20年振りの岩村へ。岩村は国の伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)にもなっていたり、女城址の岩村城で有名ですが、昔ながらの通りにある昔ながらの製法で作られるカステーラの松浦軒本店に寄りました。カステーラはもちろんですが、この時期東濃のお菓子と言えば「栗きんとん」。松浦軒の栗きんとんを見た瞬間に先日の“レンガ鏝”を連想!
これを暗示していたのだろうか?

912-3_convert_20120912181417.jpg 912-4_convert_20120912181451.jpg

しかし、これぞ日本の原風景という思える景色の連続で、何度車を停めたことか。

912-5_convert_20120912181504.jpg 912-6_convert_20120912181530.jpg

黄金色に実る稲穂の頭がどこまでも続き、その向こうに深い緑の山々と青い空。そして、点在する民家からの白い煙。あるところで、茅葺の長屋門のある民家を発見。2階の入母屋の出っ張りに三日月型の窓が。何と優雅な月見台だろう。こんな場所で夜空を見上げたくなりました!

岩村から中津を経由してから、美濃加茂のW邸へ届け物。

912-7_convert_20120912181545.jpg 912-8_convert_20120912181559.jpg



凄い緑のカーテン(ゴーヤ)でした。薪の量も凄かったけど、森のすみかでは、もう暑さで弱り気味のゴーヤですが、Wさん宅はまだまだ元気!大きなゴーヤがたくさん実っていました。エココンテストの上位に入りそうです。(

(木の家ランナーズ1号)

【2012/09/12 18:20】 | 未分類
トラックバック(0) |