本庄工業の自由日記
先般から3件の地盤調査を行いました。うち2件は解体しての建替え、1件は更地です。海津市平田町と岐阜市柳津と長良で、3件とも一級河川に近く、“田”と“津”と地名につくし、長良はまさしく長良川にも近い。

覚悟はしていましたが・・・

1031-1_convert_20121031083857.jpg 1031-2_convert_20121031083910.jpg

1031-3_convert_20121031083931.jpg

3戦3敗!!!

しかし、川の近くはある程度の深さで川の流れで運ばれた石の層があり、そこで地耐力がでます。ずっとスルスルと自沈で沈んでいきません。

そこに目掛けて杭を形成していきます。弱点がわかれば、それを補う。わかって対処することが大切です。

わからないことの方が怖いことってよくありますよね!
「負けるが勝ち」の考えでスッキリ、気持ちを切り替えて!

でも、次の物件も解体後の地盤調査結果がほぼわかっているので、4連・・・

               (さすらいのウォッチャー)

【2012/10/31 08:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
先日、春に完成した「斬新なキャットウォークのある家」の瑞穂のO邸では、徐々に寒くなってきたこの時期にようやく薪ストーブの説明と火入れを行いました。
当日は、火入れ日和とはいかず、とてもポカポカ陽気で至る所の窓が開いた中、半袖での火入れでした。

20121028n-1.jpg

炊き始めは少し煙が出ますし、水分が多い木や空気をしぼり過ぎたりすると、白い煙がでます。いろいろと試しながらの火入れでした。
建築時の端材や広葉樹の薪の棚はO様自作です。

20121028n-2.jpg 20121028n-3.jpg

20121028n-4.jpg

現在、大垣で新築中のT邸から運んだ再利用の畑土ではネギを作られています。畑土から自生えしたじゃがいも成長してきています。

20121028n-5.jpg

機種はヨツール F-3です。ストーブライフ楽しんでください。
そのためには注文の薪を用意しなければ!

                        (木の家ランナーズ1号)

【2012/10/28 13:17】 | 未分類
トラックバック(0) |
27日 10:00 森すみNOW

20121027h-1.jpg

薪の準備も整い 今冬の火入れをと思った矢先

20121027h-2.jpg

異変が・・・今年は多いんです。

20121027h-3.jpg

help・・・
                       
iroiroarimashita・・・


11:00

20121027h-4.jpg

無事 火入れとなりました
                           H

【2012/10/27 10:35】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |
9月末に上棟した名古屋のT邸は、筋違いなどの耐力を付け、そして荒壁の作業が竹小舞下地から進み、表塗り、そして裏返し塗りが完了。

1026-1_convert_20121026073745.jpg 1026-2_convert_20121026073820.jpg

1026-3_convert_20121026073839.jpg 1026-4_convert_20121026073856.jpg



裏返し塗りをしたばかりですが、最近は朝晩冷え込みますが、日中は気温も上がるので徐々に乾いて割れてきます。
養生のためブルーシートがしてあっても二階の勾配天井の部屋は明るい。

それにしても、荒壁のわらを発酵させた腐れ土のとっても懐かしい匂いがブルーシート養生のおかげで充満しています。

1026-5_convert_20121026073917.jpg 1026-6_convert_20121026073933.jpg

1階の天井兼2階の床下時の杉の厚板(Jパネル)の上に電気配線が進んでいます。
またT邸の屋根は和型の瓦です。T邸も木と土をたくさん使います。そうか、外壁もそとん壁です。

1026-7_convert_20121026073949.jpg

来週末、T様が行う荒壁塗り部分が残されています。

                         (さすらいのウォッチャー)

【2012/10/26 07:44】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
 本庄工業夏のイベント、木工フェアーへ毎年参加して頂いてます、Aさんが昨年の木工フェアーで作られました木のロボットを描かれました。その絵を新聞社に投稿され見事に掲載されましたので皆さんに紹介させていいただきます。

arikisan.jpg

お孫さんがそれぞれのパーツをバラバラにしてもまた組立てれば蘇る木のロボットです。また写真ではなく、絵にされ、その絵がなんともお孫さん思いのÅさんのお気持ちがにじみ出ている優しい絵だと思います。優しいAさんありがとうございました。

                                      (鮎の塩焼き係)

【2012/10/22 14:01】 | 総務次長課長のコネタ
トラックバック(0) |