本庄工業の自由日記
揖斐川町市場で今夏引渡ししましたN邸のお店が、外構や店舗内の家具、装飾、薪ストーブ、保健所の検査などを終え、いよいよオープンとなります!

1127-1.jpg 1127-2.jpg

今日から29日までの3日間はプレオープン!(7:30-16時)
30日(土)は一日本庄特別オープン内覧会!(9-16時)

今朝、一番客を狙っては遅かったですが8時半過ぎにお邪魔しました。
すぐ西の春日の山に薄っすらと白い雪が見えたりして、やや冷え込みましたが、お店の中に入った瞬間「暖か!」と声がでました。
入ってすぐに薪ストーブが焚かれているのですが、それにしても暖かい。聞くと6時くらいから焚き始めたけれど、昨晩の暖の余韻があってあまり寒くなかったと。

店内はJパネル(厚さ36ミリの岐阜の杉の小径木パネル)に囲まれたウッディな空間ですが、Nさんご夫婦の手作り小物(販売してます)やコレクトされたもので飾られています。

1127-3.jpg 1127-4.jpg

1127-5.jpg 1127-6.jpg

1127-7.jpg 1127-8.jpg

一番を狙って2組の方の来店もあったり、私の後にも「やっとオープンやね」とここで待ち合わせをされた近所の方であろう2人も。
チラシを配っていないですが、外の看板だけでも少しずつ浸透してます!

1127-9.jpg

揖斐川町へ行かれる時はぜひ珈琲家“まめ”に!

お昼はお好み焼き、焼きそばも食べれます!

                      (木の家ランナーズ1号)

【2013/11/27 12:51】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |

ありがとうございました!
マスター?
木の家ランナーズ1号さん、
早速の来店、ありがとうございます^^

本庄工業の皆様、職人さん達のお蔭で
無事プレオープンをする事が出来ました!

本当に、ありがとうございましたm(__)m

まだまだ、不慣れな二人ですが、皆さんに
喜んで貰える店を目指していきたいです。

揖斐川町にお越しの際は、ぜひ”まめ”に
遊びに来てください。


木の家ランナーズ1号
まめマスター
美味しいコーヒーごちそうさまでした!
まめに“まめ”に通えるように、これからも揖斐方面でたくさん仕事作ります!

コメントを閉じる▲
東京スカイツリーの開業日と同じ昨年5月22日に上棟した『骨太頑丈の終の棲家』のM様邸。(正確にいうと雨のため建方作業は翌日になりましたが…)
それから約1年半。お引渡し後もM様の手によりどんどんと進化していましたが、最後の工事が完了しました。この写真を見て、何かわかりますか?

  02_20131119190556541.jpg

M様力作の“水舟”です。
M様が初めて森のすみかに来場され、お話をする中で同じ郡上の出身ということがわかりました。私たちが生まれ育った郡上では、山の湧水などを利用した写真のような水舟を家庭や町の中でよく見かけます。
一般的に水舟は三段になっていることが多く、上段のきれいな水は飲用水に、次の段は野菜などを洗ったり冷やしたり、その下の段では食器などの洗い物に使用します。その水はさらに下ある池に流れ、残飯は鯉や川魚の餌となり、きれいになった水が川へと戻っていきます。
水舟は昔の人が考えた水の豊かな町ならではのエコな設備です。M様邸は郡上と同じく水の豊かな水都・大垣にあります。井戸水は水舟に流れ、その水はこちらもM様が作られた金魚の池へ流れます。

  123.jpg

水舟が完成したと頂いたメールには、『今朝、水舟で顔を洗いました。50年以上昔を思い出し、最高の気分でした。』との一文がありました。
M様邸は故郷の思い出が庭にある素敵なお宅です。


                            M

【2013/11/19 19:16】 | 未分類
トラックバック(0) |
15日 12:00 森すみNOW

20131115h-2

一雨一度 雨が降ってまた冬が近づいてきます

薪ストーブで手軽にホンワカ
焼マシュマロです

20131115h-1 20131115h-4.jpg

焼き始め(左) 柔らかくなって(右)
マシュマロの違いが写真でわかるかな
味 食感 も違うんです
森のすみかで どうぞ
                          H

【2013/11/15 12:27】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |
このところ、土壁(荒壁)の現場が多いです。

1115-1 (177x250) 1115-2 (188x250)

一宮のS邸の荒壁つける前の竹小舞を掻いた後の外と中。
何ともいい表情です。しばらくこのままで見ていたいと思うのも束の間・・・

1115-3 (162x250) 1115-4 (250x187)

輪之内のK邸も黒い焼杉が張られますが、中は土壁。床はちょっとユニークな仕上げなので、またご紹介します。

大垣のO邸も土壁。対面キッチン後ろの高窓のまわりもしっかり土壁。2軒とも片面塗りの写真ですが、後から裏返しで両面塗りとなります。

DSCF9742 (400x321)

一宮のS邸も、竹小舞掻いたら、間髪入れずに荒壁が塗られました。

ムニューっと、ちょっと美味しそうかも!?

もうじき、Jパネル落とし込みのJDも連続始まります。

              (ゲンバーマン)

【2013/11/15 10:05】 | 未分類
トラックバック(0) |
いつもお世話になっている関市の蕎麦の名店「そばきり 助六」の店主こと小林 明さんが文壇デビュー!?

一昨日13日に岐阜新聞を読んでると「素描」のコーナーに“小林 明”の文字発見。


とてもテンポ、リズムのある読みやすく、楽しい文章でしたので、すかさずメールしました。(といっても、助さん携帯ないので奥さんですが)

元々、話される内容や言い回し、順序立てた話し方から文才は感じられましたが、今回の文章を作り上げられたちょっとした秘話も教えて頂き、その様子も眼に浮かんで微笑ましく感じました。

12月の寄席の案内が着ました。助六さんのお人柄、本当に多くの方が集まってくる。そして、素晴らしい芸人の世界にも通じている。

20131108n-1.jpg 20131108n-2.jpg

寄席はすでにかなりの前売りの売れ行きで、残りは少ないようです。
 
                        (木の家ランナーズ1号)

【2013/11/08 10:28】 | 未分類
トラックバック(0) |