本庄工業の自由日記
先日紹介された大垣のO邸は昨日、土間の三和土を仕上げていました。セメントを使わず土を叩きます。
広いところはランマーで締めて、際は叩きの道具でパンパンと。そうして表面を掃いてはきれいに仕上げていきます。

とても根気のいる作業です。職人さんから「住宅ではほとんどないよ。本庄さんくらいだよ。」って言われたけど、毎回三和土の土間ではないが・・・。それにしても、作業している大人4人笑顔で楽しそう。

227-1 (250x188) 227-2 (250x188)

227-3 (250x188) 227-4 (250x184)

土間から丸太の桧の大黒柱、漆喰の壁、和紙の天井の広いLDKにつながる。離れのような土間の反対の座敷はは数寄屋風につくりました。(写真はないけど)

壁の内部も外も、そして土間も“土”が盛り沢山!

そして、また岐阜市長良のT邸。夕方に荒壁塗り体験。

227-5 (250x188) 227-6 (250x188)

227-7 (250x188) 227-8 (250x187)

やはりトップバッターはお父さん!鏝に土を乗せて壁にエイッ!ムニュー、ボトッ!
お父さんの失敗でみんな気が楽になりました。徐々に楽しく、上手くなってきたところで終了。
最後はE君、鏝使わず、素手で泥遊び状態。

三和土も荒壁塗りも、みんな楽しそう!大人も子どもも土の感覚って楽しいんだと再確認しました。

さらに、この2つの住まいとも街中の準防火地域ですが、耐火はこの土壁が効いているのです。数値では省エネ・断熱的に不利な土壁ですが、耐火や蓄熱など優れたところもしっかりあるし、何より五感に響く、記憶に残るのが魅力です。

227-9 (250x188)

            (木の家ランナーズ1号)

【2014/02/27 15:12】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
2年前から打合せをしてきました中津川のO邸がいよいよ始まります。地鎮祭を終え、昨日地盤調査をしました。

20140225n-1.jpg

地盤調査会社のK君はとても礼儀正しく、素晴らしい青年なんです。若いけれど自分で厳しい決め事を作って頑張っています。
いつも感心させられます。

昨日の恵那・中津川の朝の最低は-5℃前後、まだ日陰にはしっかり雪が残っています。

このO邸からは、北に御嶽山、東に恵那山、西に笠置山(恵那富士)がよく見えます。

20140225n-2.jpg 20140225n-3.jpg

20140225n-4.jpg 20140225n-5.jpg

その景色のせいか、ゆるやかなカーブの先の交差点で事故が多いらしい!!!

気を引き締めていきたいと思いますが、ここにいると机のある岐阜へ帰りたくなってしますそう・・・


それでもやはり当然ですが、岐阜に戻ってきて、本日もまたまた地盤調査。

岐阜市北部でK邸。今日はベテランのFさんが調査してくれました。一見固そうな地面が予想より柔らかい層がありました。

20140225n-6.jpg 20140225n-7.jpg

さて、データの判定はいかに?
補強なければいいですが、それでも見えない地盤は重要な部分なので、慎重に検討しないといけないと考えます。

                          (木の家ランナーズ1号)

【2014/02/25 12:35】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
徐々に完成へのカウントダウンがされてくる大垣のO邸は足場が外れました。

219-1.jpg

オールそとん壁の外観は西面の丸窓や出窓、下屋などがアクセント。東西に長い家なので中はどこにいても暖かそう!
少し前は荒壁の中塗りでした。砂を多めの土を割れた荒壁の上に塗っていきます。
きちんと養生をして中塗りを塗って、仕上の漆喰をします。

219-2.jpg 219-3.jpg

219-4.jpg 219-5.jpg

219-6.jpg 219-7.jpg

ところ変わって、岐阜市長良のT邸は、竹小舞下地が終わったところ。
気温を見ながら、荒壁をつけていきます。

219-8.jpg 219-9.jpg

            (ゲンバーマン)

【2014/02/19 17:36】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
先般、「屋根の家」の設計で有名な手塚さんの話を聞く機会がありました。ライトの「落水荘」やコルビュジエの「ドミノハウス・サヴォア邸」、ミースの「ファンズワース邸」などの住宅の名建築と並ぶ雑誌などへの露出がある住まいの「屋根の家」の設計エピソードやコンセプトなど、そして手塚さんの住宅設計に対する思いを教えていただきました。

212-1.jpg


「いつも“自分が住みたい家”を心掛けてつくる」の言葉はよくありがちですが、それを引き出す立地条件や家族構成と趣味嗜好などの情報を分析して、自然とも対話するかのような見方のスケッチを描く感性が素晴らしく、その言葉の重み、深さが違う。爽やかにさらりと話されるが、心の中が震えっ放しでした。

“つながりを超えて”ということも意識されていましたが、迷惑をかけない住宅はいけないと、お互い干渉し合う関係が、住まいにも街にも今の時代こそ必要なんだと熱く話された。

確かに、手塚さんの住宅を見る限り、外構などが完璧に終えたものが雑誌で掲載されているイメージが少ない。「屋根の家」の垣根も、しばらくたってからと。

他にもとてもいいお話を聞けましたが、今回は住宅に限っての話だったので、「屋根の家」の延長の「ふじようちえん」の話はなかったので残念です。あの幼稚園も発想がユニークで衝撃的。そして、大きな木を丸ごとそのまま建物の中と外に取り込んだ増築棟は驚嘆した記憶が。

年が二つしか違わないのにと、刺激を受けました。
“友達になれる家”のコンセプトは、普段考えていること、取組んでいることと共通していることが多く、とても共感しましたし、勇気と自信が湧きました。

           (木の家ランナーズ1号)

【2014/02/12 14:39】 | 未分類
トラックバック(0) |
8日 10:15 森すみNOW

20140208h-1.jpg

今年初めの雪景色
今日の足元は
ちょっと不安定です

車はシャーシャー音をたて走っています

今日一日降るようです

ご来場の際は ご安全に!
                       H

【2014/02/08 10:27】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |