本庄工業の自由日記
森のすみか展示場は築13年目

20150331h-1.jpg 20150331h-2.jpg

無垢の床板の至る所に シミや傷
先日の勉強会に向けて会場準備をしている際にも
握っていたはずの手からベンチがゴロン ゴツン

さてさて 本庄工業随一のベテランが・・・

20150331h-3.jpg 20150331h-4.jpg

お手並み拝見 お願いします
F氏のドヤ顔が見られるか あがきもがいて降参か・・・


住まいのメンテナンス教室は 森のすみか展示場で
11日土曜日 10:30-12:00 開催です
①無垢の床 ②網戸張り替え ③外部木部の塗装 の
実演販売?です
是非 足をお運びくださいませ
                                    H

【2015/03/31 14:54】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |
以前にあるお客様から教えていただいた揖斐郡揖斐川町春日のお茶作り。
粕川から折れて山に登るとそこにお茶畑が見事に広がる!まるでマチュピチュのように!
日本古来のからの「在来品種」でとても珍しいお茶で、名前は「天空の里 上ヶ流(かみがれ)茶」

春日の手前の市場で建築した「珈琲家まめ」さんに寄った時に行こうと思いながらも、何回も断念。

先日、ようやくようやく行きました。

「まめ」さんから見た春日方面。春日の奥の国見岳が白い。

20150322n-1.jpg 20150322n-2.jpg

揖斐川の支流の粕川に沿って西進して、春日郵便局の脇から上がる道はものすごく急な坂道で登りきると、お茶畑が広がった!!!そしてさっき見えた雪景色の国見岳。すごい絶景!霞がかかっていなければもっとすごいはずと思いつつ、車を走られると、民家が結構ある。お茶畑だけだと思い込んでいた。

20150322n-3.jpg 20150322n-4.jpg

20150322n-5.jpg 20150322n-6.jpg

売店を探すも見当たらず、畑で作業する人に声をかけたら「この人が一番の長老だから何でも聞いて」とすぐ後ろにみえた内藤武男さんを紹介してくれた。
内藤さんは急な訪問客にもかかわらず、たくさん説明をしてくれました。
「標高330mのこの上ヶ流(かみがれ)地区は、陽もよく当たるし、寒暖の差が激しいから美味しいお茶が作れる。760年も前からお茶を作っている。」
さらに声が大きくなった話は「村中が無農薬だから赤ちゃんでもわしらでも安心や」。



お茶をわけてもらいに内藤さんのご自宅へ行くことになり、奥さんが入れていただいたお茶のドッシリと濃い味のこと!とても元気で明るい内藤さんに失礼ながら年齢を伺うと“92歳!!!”ひっくり返りそうな位驚いた。

20150322n-7.jpg 20150322n-8.jpg

内藤さんと出会って、ものすごく元気をいただいた気がします。味が濃く、長く渋味が口の中に残る内藤さんのお茶を飲みながら、「また連絡してよ。家族で遊びに来てください。」という内藤さんの顔が浮かんできます。本当に「また会いに行きたい」と込み上げてきます。

この山間の高台の何もないこの場所で、700年物前からのお茶の歴史があり、いまだに作って、それも300~400年の古木もあるという奇跡の上ヶ流茶を伝承する内藤武男さんこそ奇跡の人ではないかと心躍ります。
(本庄ニュースにももう少しくわしく書きました)

しかし、まだまだこの春日の上ヶ流地区には古い歴史があるのです。
つづきはまたの機会に!

追伸:まめさん奥さんの顔が見えずに残念でした!無理せずに徐々に!

                           (木の家ランナーズ1号)

【2015/03/22 10:10】 | 未分類
トラックバック(0) |

ありがとうございます
n嫁
先日はお越し下さったのに 挨拶もできずすみませんでした。

金曜日から、ぼちぼち復帰しています。

ご心配をおかけしました。




KR1(木の家ランナーズ1号)
祝!復活!!!大袈裟ですみません。

まだ少し冷え込んでいますので、無理せず、そろりと。

また暖かくなるようですが、この時期になると薪ストーブに未練が出てきます。

また、近々行きます!春休みの子連れかもしれないですが。

ありがとうございます
n嫁
まきストーブも、そろそろ朝晩だけでよくなりそうですね。

今期は 雪も多く、昨年より沢山薪を使った気がします。


来期の薪集めを ぼちぼち考えていかないと~(^◇^)

またマチュピチュのお帰りにでも お立ち寄りくださいね(^^♪

コメントを閉じる▲
南濃町のY邸は2月末に荒壁体験!
ユニットバスの北面の壁を利用して塗りました。とても楽しみにしていたY様ご主人が張り切って鏝(こて)と鏝板を持って、重い荒壁土をしっかり鏝板を立てて見事に鏝に載せて壁に付けました。

318-1.jpg 318-2.jpg

とても初めてとは思えないくらい壁に付けた荒壁土が鏝で塗られていきます。
スノーボーダーだからか、鏝とボードのエッジの利かせ方が似ているとか・・・。

318-3.jpg 318-4.jpg

奥さんも挑戦!
奥さんも上手いっと言った時に、「ぼとっ」と落下。でも、これが普通です。
Eちゃんも小っちゃい鏝で参戦。

318-5.jpg 318-6.jpg

プロに負けじとご主人も責任をもって仕上げていきます。

318-7.jpg 318-8.jpg

318-9.jpg 318-10.jpg

最後はみんなで手形。将来タイムカプセルのように手形がでてきます。
今までで一番上手だったとの評価のY様は、荒壁塗りの応援隊1号に登録されたとか・・・。

                         (木の家ランナーズ1号)

【2015/03/18 08:23】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
2月初旬に見学会をしました岐阜市H邸の2回目の見学会を今週日曜日行います。
見学会時にH様が途中みえなくなる時間帯に流す木の家のご感想をインタビューしてきました。

木工作家のYさんの個性的なテーブルも入りました。
栃や栗やケヤキを使っています。

312-1.jpg 312-2.jpg

312-3.jpg 312-4.jpg

312-5.jpg 312-6.jpg

11~14時はH様が不在ですが、それ以外は直接木の家のご感想が聞くことができます。 

                               (木の家ランナーズ1号)

【2015/03/12 19:11】 | イベントの森
トラックバック(0) |
3月4日に今シーズンのリース期間が終了し、また、来シーズンお願いしますと、大活躍したホイールローダを見送りました。

P1000414.jpg P1000416.jpg

しかし、本日3月11日に郡上やまと製材工場には、約20cmの積雪がありました。 まだスタットレスタイヤは履いているため、いつもの駐車場所に止めようと雪の中に入りましたが、立ち往生してしまいました。トラックを放置し、人力での除雪を開始しました。

20150311133808.jpg DSC_0650.jpg

ホイールローダでは5分10分程で除雪が終わりますが、人力では1時間半もかかり、非力さを改めて感じました。(筋肉痛覚悟です)

DSC_0651.jpg

人は、機械や自然には勝てません。
4年前の今日、東日本大震災が発生しました。東海地方では、東海・東南海地震がいつ発生してもおかしくないと言われています。
3月14日(土)に、森のすみか展示場にて、我が家は大丈夫?を知るセミナーを開催し、地震の危険度・住まいの強度・メンテ等の方法を教えてくれますので、是非参加してみて下さい。↑イベント案内が立ち上がったら、下にスクロールして下さい。

                                 (みちのく)




【2015/03/11 15:01】 | 郡上からの手紙
トラックバック(0) |