本庄工業の自由日記
木曽川の中の街、川島町のK邸が御開帳!
焼杉とそとん壁と大屋根の和瓦がとてもいい感じ!
居間の上の2階の廊下からはダイナミックな空間がわかります。

20151124n-1.jpg 20151124n-2.jpg

20151124n-3.jpg 20151124n-4.jpg

20151124n-5.jpg 20151124n-6.jpg

20151124n-7.jpg 20151124n-8.jpg

2階のご主人の隠れ家の棚の位置や上部の壁の位置などあれやこれやと打合せ。
子どもしつは板張りで少し薄暗く、勉強や趣味に集中できそう。

20151124n-9.jpg 20151124n-10.jpg

年末の完成見学会が楽しみです!ご期待ください。

所変わって、木曽川町のAK邸。解体がちょっと手こずってしまって、地盤調査のタイミングに食い込んだ!
最後の解体(在来の浴室部分)と同時進行で地縄を張って、さらに地盤調査も同時に行うというギリギリのタイミング。

20151124n-11.jpg 20151124n-12.jpg

調査時に、場所的に補強がたぶん必要になるであろうと思って見ていたら、おやおや微妙な沈み方では・・・診断結果は補強なしでOK。

20151124n-13.jpg 20151124n-14.jpg

20151124n-15.jpg 20151124n-16.jpg

基礎がすぐに行われて、先日脱型。
さあ、いよいよ上棟だ! テルテル坊主作ってお祈りです。

                                            (KR1)

【2015/11/24 18:04】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
木曽川の中の川島町の東部で工事中のK邸も、チャクチャクと進んでいます。

20151113n-1.jpg 20151113n-2.jpg

そとん壁の下地のラス(チャクチャク)

20151113n-3.jpg 20151113n-4.jpg

20151113n-5.jpg 20151113n-6.jpg

20151113n-7.jpg 20151113n-8.jpg

そとん壁と焼杉の相性はいい感じです!2階の屋根の雰囲気もバッチリ!
足場が外れる前に、沢山の木製の格子たちも出番を待っています。格子の塗装はいつものドイツ塗料のオスモがチャクチャクと塗られていきます。

20151113n-9.jpg 20151113n-10.jpg

20151113n-11.jpg

内部もどんどん進んでいます。階段が付いて、玄関から広いつながりの間取りがわかってきました。(チャクチャク)

足場の御開帳後はまたお知らせします。(チャクチャク)

所変わって、木曽川を南へ渡ったすぐの木曽川町にて、現場がスタート!
まずは解体から。(チャクチャク)

20151113n-12.jpg 20151113n-13.jpg

20151113n-14.jpg 20151113n-15.jpg

大きな平屋の建物は基礎も多く、残す建物もあって、少し時間がかかりました無事完了。(チャクチャク)

20151113n-16.jpg

解体した柱・梁の一部はお施主様が引き取り、薪に変っていきます。
居間に使われていた丸太の大黒柱は会社に運びましたが、さてさて、新しい建物のどこに使っていくのでしょう?(チャクチャク)

                                    (KR1)

【2015/11/13 10:21】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
清志郎よろしく(わかるかな?)、各現場が着々と進行中。
岐阜市梅林方面の準防火地域のM邸は御開帳!
準防火で木の家はなかなかいろいろありまして、それでも板張り、軒裏表しなどなど制限がある中、工夫して木の家を作っています。

20151109n-1.jpg 20151109n-2.jpg

20151109n-3.jpg 20151109n-4.jpg

先週半ば、M邸は足場が外れました。1階部分はドイツの自然塗料オスモを塗った板張り、2階部分はシラスが原料の高耐久の塗り壁の“そとん壁”。そとん壁は久々の掻き落とし。少々高くなりますが、雰囲気は出ます。内部は大工さんが造作中です。リビング内階段は完了して、玄関まわりのフローリングを張っていました。

20151109n-5.jpg 20151109n-6.jpg

街中のため、すぐ南側に家がありますが、20帖を超すLDKは上空から明るい光が差し込んでくる“はず”です。
“はず”というもの居間上部の大きな吹抜けには転落防止のコンパネが敷かれているので、吹抜け部分の東と南の大きな窓からの明かりが2階は照らすものの、1階へはお預け状態です。

20151109n-7.jpg 20151109n-8.jpg
 
この吹抜けの御開帳後、またお知らせします。

                                       (KR1)

【2015/11/09 10:41】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
昨日は秋の伐採・製材見学イベントでした。晴天の中、定員を上回る参加者42人+本庄スタッフが郡上へGO!
はじめは、いつもの美並の古川林業さんの200年生の巨木の森の見学。前日の雨も、手入れされていて下草が生えている森では、ドロドログチャグチャにはなっていません。普段靴で来られた方も大丈夫でした。(本当は長靴がいいんですが)

114-1.jpg 114-2.jpg

114-3.jpg 114-4.jpg

皆さん巨木からパワーをもらいました。ぐるっと手をつないだご家族も!
14代目の社長の説明に皆さん聞き入ります。
続いて、メインイベントの100年の桧の伐採。現地に移動すると、木こりの松山さん。伐る木と倒す方向を聞くと本当!?という間を縫って倒すと。特に1本目は倒れる途中でチェーンソーを操り、Sの字で上空の枝や前の木を交わして倒すと、説明。

114-5.jpg 114-6.jpg

114-7.jpg 114-8.jpg

114-9.jpg 114-10.jpg

見事あっさり伐採!狙いよりやや右に逸れて、木の一番先端が立木にまともに当たり先端が折れましたが、使える部分は問題なし。倒す途中にチェーンソーを入れていましたが、Sの字まではわかりませんでした。
倒れた切り株にみんな集まり、触って、匂いを嗅いだりしています。先端の梢を切り株に差して、その間を頂くという儀式をしました。

114-11.jpg 114-12.jpg

114-13.jpg 114-14.jpg

上空を見上げると、ぽっかりと空が見えます。これで、また少し森に光が差し込み、植物の成長が促されます。
問題は次の二本目、こちらの方が問題は少ないと思ったのですが、説明の後、切り倒し始めるとすぐに、上空の枝がまわりの樹にまともにキャッチ!チェーンソーでつながっている部分をどんどん削っては木を回転させながら少しずつ倒していく松山さん。

114-15.jpg 114-16.jpg

それでも桧は倒れません!最後にツル1本残して、ワイヤーで強く捻り回転を何度も掛けると見事伐採!!!固唾を呑んで見ていた皆さんから大きな拍手。数秒間、上空から桧の葉っぱが舞い降りてきましたが、それだけ上空での抵抗があった証拠です。

114-17.jpg 114-18.jpg

114-19.jpg 114-20.jpg


見難いですが、切り株で最後につながっていたツルの部分を指差す松山さん。
今回もこの伐採した桧を使いたいと手が挙がり、見事MさんGET!記念に名前を入れました。

114-21.jpg 114-22.jpg

午後からは場所を大和の製材工場へ移して、見学です。最初に、ここでも見て・触れて・嗅いでの体感見学。
丸太の皮むき~丸太の製材~製材の大小比較~端材のチップなど製材工場の取組みを見ていただきました。

114-23.jpg 114-24.jpg

114-25.jpg 114-26.jpg

114-27.jpg 114-28.jpg

最後はドンドンプレゼント品の内容が良くなっているアトラクションゲームで盛り上がりました。ご参加された方、ありがとうございました。
また、次は来年の5月頃の予定です!

                             (KR1)

【2015/11/04 12:06】 | イベントの森
トラックバック(0) |
今日は少し外の草引きを・・・

にぎやかなピーチク・パーチクが聞こえてきます
20151101h-1.jpg 20151101h-2.jpg
お隣さんとの井戸端会議?

デッキの下には
20151101h-3.jpg
早くもクリスマスの電飾飾り? きれいなレース編みが出来上がっていました

飛び出してきたのが
20151101h-4.jpg
冬眠にはまだ少し時間が有りますが・・・

さぼっていたのでたくさんの草が成長してしまい
南の半分が終わっただけですが
森のすみかはみんなのすみかです
                                    H

【2015/11/01 13:47】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |