FC2ブログ
  本庄工業の自由日記
「うだつが上がる・上がらない」という言葉は建築が語源です。
少し諸説もありますが、町家で防火壁を作れる人は甲斐性があったり、裕福だったりとする説があります。

330-1.jpg 330-2.jpg

4月1日の日曜の完成見学会の岐阜市大福町のT邸は準防火地域。
玄関に木製建具を入れようとすると、ちょっと工夫が要りました。
そのために、うだつの発想で防火壁をつくり、玄関先なので視線を隠したり、
また、軒をかなり深くして自転車とかも置けるようにと、
一粒で3度美味しいアーモンドキャラメルもビックリの使い道ができます。

330-3.jpg 330-4.jpg

桧の木製玄関戸の奥には、ステンレスの網戸を入れた格子網戸があり、
目隠しをしながらよく風も入ります。

330-5.jpg 330-6.jpg

薪ストーブも設置されました。居間の上部には吹抜けがありますが、
この写真の時、2階の窓のシャッターは下されていて、その吹抜けの明るさ効果は是非現場で!

住まいは大きくはないけど、風と光が行き亘る工夫が彼方此方にあります。

建具が入ってグッとしまったT邸の良さは見ないとわからないので、ご関心ある方はどうぞ!

朝一は予約埋まっています。

                         (木の家ランナーズ1号)

【2018/03/30 13:49】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
垂井のY邸は荒壁の住まいです。荒壁の片面終わった時点の写真です。

317-1.jpg 317-2.jpg

もう両面塗りは終わって、養生しながら、大工さんの造作中です。

岐阜市は県庁の少し南西のW邸は、終の棲家の平屋。
6年前に隣で建築させていだいた設計士の息子様の設計で、
小さいながら、大きな木製サッシと白くさらりとした漆喰で、
明るく数字以上の広がりのある住まいになるでしょう!

317-3.jpg 317-4.jpg

317-5.jpg 317-6.jpg

317-7.jpg

和室の高さを抑えた窓には引分けの内障子が付きます。
木製建具が入ると、グッと変化するはずです。

次は、江南のN邸。ここも荒壁の住まいで二世帯。郡上で伐採の桧の柱もあります。
2階の床続きの小屋裏スペースと、ロフトと空間を最大限に活用します。

317-8.jpg 317-9.jpg

317-10.jpg 317-11.jpg

317-12.jpg

深い軒、吹抜けと光と風を考えてあります。

最後は岐阜市の森のすみかの少し北のT邸。
4月1日に見学会ですが、大詰めにさしかかってきました。

317-13.jpg 317-14.jpg

外壁は南面はシラスそとん壁ですが、ほぼ見えない東北西は変えました。
両サイドに家に囲まれた敷地状況で南の真ん中に吹抜けを設けました。
光と風の道を作ってくれます。

317-15.jpg 317-16.jpg

キッチン裏の北側になる脱衣室に南からの光と風が入るように工夫しました。

完成まで、あと少しです。

また、始まってきた現場も紹介します。

                                  (ゲンバーマン)

【2018/03/17 16:03】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
3月に入りました。丁度2週間前には、長崎は佐世保の吉田俊道さんの食育セミナーでした。
 
0 (400x295)
 
土の中の菌を元気にして、栄養たっぷりの無農薬野菜などを作ったり、
全国で菌ちゃん野菜の作り方や元気で健康になる食べ物の講演をしています。

多くの方にご参加いただき本当にありがとうございました
60人定員としていましたが、
風邪やインフルで減ったり、でも直前で増えたりと
結局約70名近くの参加者となり、会場パンパン!

1 (250x138) 2 (250x229)

3 (250x188) 4 (250x204)

5 (250x140) 6 (206x300)

座布団がメインでゆったりとした感じではなく
メモも取りにくく申し訳ありませんでした。
参加者との距離が近く、アットホームな感じではありましたが
約2時間少し窮屈をおかけしました。

菌ちゃん先生との距離1m切り 、もう砂かぶり席どころか
“菌ちゃんミネラル入りツバかぶり席”となりました。

しっかりお話しを聞きたかったんですが、 最初に紹介の話をした後は、
後ろでお子ちゃま達のお世話と時々吉田さんの話に耳を傾けるって
そんな感じで、半分聞けたかな~、 1/3くらいかな~って感じでした。

でも、食べ物にはミネラル、ファイトケミカルが大事で、 今の世の中の野菜にそれが少なくなっていること、
土とお腹がつながっていることなど、多くの人に聞いてもらえてよかったかな~と思います。

また、いつか菌ちゃん先生来てもらいたいな~思っています。

                             (木の家ランナーズ1号)

【2018/03/02 10:04】 | 未分類
トラックバック(0) |