本庄工業の自由日記
5月の3日と4日というGWの丁度ど真ん中、もしくは5連休の初っ端、朝からラジオでは高速道路の渋滞を声高に伝えている時、本巣市のとある田園の中にある柿畑に薪ストーブユーザーの7組が集合。
それは4月前半にこの場所の柿の木伐採の話を薪ストーブユーザーのO様から写真付メールで声をかけていただき(左)、その数日後に現地視察。(右)

511-1_201705110942285ac.jpg  511-2_20170511094229443.jpg

1週間も経っていないのに、春の訪れとともに草が生えてきているのがわかり、ちょっと焦って、ほむらの会(薪ストーブユーザーの会)の皆さんへGWの伐採を案内。
この忙しい日にどれだけの参加になるか心配でしたが、チェーンソー5台と運び屋2組の参戦となりました。

 511-3_20170511094216ec6.jpg 511-4_20170511094217e2c.jpg

案内の写真から2週間で、あっと言う間に下草が増え、柿の若葉もどんどん伸びてきていました。

511-5_20170511094219cfe.jpg  511-6_20170511094220d06.jpg

511-7_201705110942225b2.jpg  511-8_20170511094223c52.jpg

それもそのはず、太い幹を伐ると、ジュルジュルと瑞々しい樹液が出てくるのです。冬に止っていた分、今勢いよく水を吸い上げ成長していっているのです。

そして、以前の柿の木伐採に参加された大口町のKさん親子。前回と同じようにお父さんの背中をじっと見つめる息子さんの姿がありました。

511-9.jpg  511-10.jpg

511-11.jpg  511-12.jpg

ずっとお父さんの作業を見ていたのですが、頃合いをみて、ナタを手渡して、お父さんが枝を切りやすいように細かい枝落としをお願いしたら、最初は少し恐々でしたが、徐々に慣れてきて一緒に作業ができました。
午後まで続いた作業は、かなり暑かったせいもあり、予定より早めに解散。
柿の木約60本中半分強は完了。

511-13.jpg  511-14.jpg

そして、翌日。この日は二組のみの参加で、チェーンソー1台運び屋1組。全てはチェーンソーのO様次第。この日もかなり暑くなりました。朝一から始めて、お昼位に終了。

511-15.jpg  511-16.jpg

511-17.jpg  511-18.jpg

20本くらい残りましたが、参加の皆さんの車に一杯の薪が積みこまれました。

薪ストーブユーザーは、GWのど真ん中でも薪の話には弱いのであります。

                         (木の家ランナーズ1号)



【2017/05/11 09:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック