FC2ブログ
  本庄工業の自由日記
2016年2月16日(火)の午前に母が他界しました。

丁度その日は、2020年から変わると予定されている住宅の省エネについての、コアな木造系の土壁やログハウスなど伝統的な建て方の住宅に向けての方向性を探る、 重要な報告勉強会が東京の衆議院第二議員会館で開催されました。
 
筑波大の安藤先生をはじめ、コアな木造系で著名なシティの高橋さん、元アルゼットの篠さん、熊本からいつも熱く発信されている古川さんらと、同世代で頑張っている埼玉の綾部さん、鎌倉の日高さん、畑のあるアパートの山田さんらから、昔からある木造住宅を建てられる道筋を残すことの大切さを、国会開催前に報告・アピールする目的だったはず。
あっと言う間に定員が埋まったその会に申込みができ、楽しみにしつつ上京。

しかし、前日や前々日の病院での母の足の冷たさ、反応が気になっていました。

今でもよく覚えています、地下鉄の新橋駅の改札を入った直後の連絡でした・・・
すぐに、とんぼ返りとなりました。

その日のことを、先日の名古屋で行われた埼玉の綾部さんの取組みの勉強会で、使われた資料を見て思い出しました。
222-1.jpg



省エネの件は、その後、徐々に方向性が見えてきて、まだまだの部分もありますが 「気候風土適応住宅」という道筋ができそうではあります。クリアすべき壁もありますが。
222-2.jpg


10年前の2008年9月に、京都で集合した全国から約20人の木に携わっている(山・製材・大工・工務店・設計・雑誌など)アラフォーの会で、埼玉の綾部さんと出会いすごい人がいるんだと刺激を受けたことを思い出しました。
222-3.jpg


あれから、もう2年だし、もう10年・・・

                      (木の家ランナーズ1号)  


【2018/02/22 16:47】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック