FC2ブログ
  本庄工業の自由日記
5月22日に上棟した犬山のY様邸は、
「芸術は爆発だ!」の岡本太郎が
大阪万博(1970)で建てた“太陽の塔”の前年に名鉄の依頼で建てた
“若い太陽の塔”の膝元の場所です。

Y様は、2年半前に森のすみかに来場以来、土地探しをしている間、30回近く見学会や薪ストーブや伐採などのイベントに参加されてきました。
ご実家のすぐ近くの南垂れの角地を、いろいろな諸条件をクリアして何とかゲット!

Y様邸は、このところ「JD工法」にやや着工割合で圧されていた「荒壁工法」(森のすみかタイプ)で、郡上で伐採した桧の大黒柱が丸太でLDKの中心に建ちました。

0603-1.jpg 0603-2.jpg

土間から東と南に広がるLDKと続き和室があり、中央の階段をぐるっと回遊できるプランです。
居間の上部の吹抜けも利用しての、光と風の行き亘る34坪の住まいです。

秋の完成まで、“若い太陽の塔”の監視の下、しっかり作っていきます!

0603-3.jpg

※“若い太陽の塔”は本家の太陽の塔を真似たとか、受け継いだとか言われたそうですが、万博の1年前に作られているから間違いのようです。
ただ、40年以上経って、風雨にさらされた“若い太陽の塔”はその経年劣化が酷く、
色がくすむどころか、欠けたり穴が開いたりとしていたため、2003年に公開中止。
2011年、岡本太郎生誕100年記念として、リニューアルして再公開をしています。
(その塗装は、いつも本庄で塗装をお願いしている塗装屋さんの仕事でもあります)

でも、大阪の太陽の塔より1年前に作られたのに「若い」と言われるのかな~?
・・・その答えは現地に行ってみるとわかるようです!

                       (木の家ランナーズ1号)

【2018/06/03 10:30】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
瑞穂市で建築中のM邸も足場がとれて御開帳!
オール焼杉の渋さが離れていてもわかります

519-1.jpg 519-2.jpg

519-3.jpg 519-4.jpg

平屋ですが、広いロフトもあります

そして、江南市のN邸も御開帳!
こちらはオールガルバの外壁です
玄関はちょっと茶室をイメージで天井は網代、壁はまだ施工前ですがキリシマ壁
シューズクロークもあります

519-5.jpg 519-6.jpg

1階の中央に横長の収納があり、回遊ができるプランですが、
LDからのちょっとした明かり取りも

519-7.jpg 519-8.jpg

小屋裏にロフトに、ロフト階段下までも収納にと
空間を最大利用です

519-9.jpg 519-10.jpg

519-11.jpg 519-12.jpg

ロフトの手すりは以前から持ってみえた欄間を利用です
見学会で見て、「あらま―!」って驚いてください

M邸とN邸は6月10日・17日と連続見学会予定!

                      (木の家ランナーズ1号)

【2018/05/19 11:11】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
現在建築中の関市武芸川町のH邸は、外壁はオールガルバリウム。
その下地が終わって、ガルバもあと南面のみ。

517-1.jpg 517-2.jpg

517-3.jpg 517-4.jpg

6月末に見学会予定です!

同じく武芸川町で計画をしているM邸は、先日地盤調査を実施。

517-5.jpg 517-6.jpg

517-7.jpg 517-8.jpg

結果は・・・◎

H邸もM邸も、Jパネル落し込み工法です。

つるむらさきうどんの「つるや」さんも、しばらく行っていないので、
様子を見てこなきゃ!

                            (木の家ランナーズ1号)





【2018/05/17 17:08】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
今朝はちょっと冷えて10.1℃
昨晩22時過ぎ、「明日は少し冷えそうだから、今期最後の薪ストーブ焚いちゃうか?」って子どもらに聞くと、
「やったー」となって、焚きましたが、
ご飯を食べながら、焚いて温度が200~300℃キープをしているのを見守りながら、

ストーブの前で寝転んだのが0時頃
朝方、毛布もなくストーブ前で起きて、ちょっと喉痛く・・・
朝からちょっとだるかったり・・・

聞くと「何度も起したけど・・・。ストーブに近かったから毛布かけるのやめた。まるで子どものよう!」

今日は子どもの日でしたが、何とも成長のない51です。

先月引渡しをしましたT様も、もしかしたら、昨晩今期最初で最後のストーブ焚いていたりして。

55-1.jpg 55-2.jpg

55-3.jpg 55-4.jpg

秋までに、ストーブの取説内容覚えているかな~

あ~本当はもう少しストーブの最後の余韻を楽しもうと思っていたのに・・・

                         (木の家ランナーズ1号)

【2018/05/05 17:42】 | 未分類
トラックバック(0) |
一宮のS邸で地盤調査。S様とお会いしてから何年経つでしょうか?
ようやく、いろいろな条件がクリアでき、待ちに待った現場が始まってきます。
先般は地盤調査。結果は・・・○ バッチグー!

51-1.jpg  51-2.jpg

51-3.jpg  51-4.jpg

次は、同じく愛知県は犬山市のY邸。ちょっと斜面地で、問題がありました。
まわりの人からも、現場を整地した時からも、北側の高い道路下から水が出てくる。
まずは造成工事

51-5.jpg  51-6.jpg

51-7.jpg  51-8.jpg

少し堀るだけで水が出てきます。でも、とある対策をして少し様子を見ました。
何とか、雨の後も水は大丈夫になりました。それは、またいつか紹介します。

最後に大垣市の北東端のT邸。南に平屋があり、T邸も平屋。(ロフトはありますが)

基礎工事が始まり、土台伏せも終わり、先日、無事?(雨で一日延期でした)上棟完了もしました。

51-9.jpg  51-10.jpg

51-11.jpg  51-12.jpg

51-13.jpg  51-14.jpg

51-15.jpg  51-16.jpg

上棟の様子もまた紹介します!

いい季節になってきました。現場もドンドン進行していきます。
いつでも安全に!を心していきます。

                        (木の家ランナーズ1号)



【2018/05/01 16:58】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
今朝は寒かったですね

CIMG6655.jpg

庭のドウダンツツジが可憐な花を咲かせています
・・・
室内では まだ焚いていますよ

CIMG6670.jpg

今朝のように最低気温が5℃に達しない日は
ストーブ前で 炎を見ている時間が あったかくて幸せです
(サツマイモ持ってこればよかったな・・・)

CIMG6668.jpg

展示場では 「雑誌に載った家を探るコーナー」を設置!
今まで雑誌でご紹介させていただいて、お客様に「ステキ」と言って頂いた
お宅の記事や模型・写真を展示しています
紙面だけではわからなかったこと、模型で立体的に・・・屋根を外して室内探訪
雑誌には載っていなかった場所も写真で・・・
ご自宅に思いを巡らせ 是非ご参考にしてください

                              H

【2018/04/08 10:33】 | 森すみNOW
トラックバック(0) |
「うだつが上がる・上がらない」という言葉は建築が語源です。
少し諸説もありますが、町家で防火壁を作れる人は甲斐性があったり、裕福だったりとする説があります。

330-1.jpg 330-2.jpg

4月1日の日曜の完成見学会の岐阜市大福町のT邸は準防火地域。
玄関に木製建具を入れようとすると、ちょっと工夫が要りました。
そのために、うだつの発想で防火壁をつくり、玄関先なので視線を隠したり、
また、軒をかなり深くして自転車とかも置けるようにと、
一粒で3度美味しいアーモンドキャラメルもビックリの使い道ができます。

330-3.jpg 330-4.jpg

桧の木製玄関戸の奥には、ステンレスの網戸を入れた格子網戸があり、
目隠しをしながらよく風も入ります。

330-5.jpg 330-6.jpg

薪ストーブも設置されました。居間の上部には吹抜けがありますが、
この写真の時、2階の窓のシャッターは下されていて、その吹抜けの明るさ効果は是非現場で!

住まいは大きくはないけど、風と光が行き亘る工夫が彼方此方にあります。

建具が入ってグッとしまったT邸の良さは見ないとわからないので、ご関心ある方はどうぞ!

朝一は予約埋まっています。

                         (木の家ランナーズ1号)

【2018/03/30 13:49】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
垂井のY邸は荒壁の住まいです。荒壁の片面終わった時点の写真です。

317-1.jpg 317-2.jpg

もう両面塗りは終わって、養生しながら、大工さんの造作中です。

岐阜市は県庁の少し南西のW邸は、終の棲家の平屋。
6年前に隣で建築させていだいた設計士の息子様の設計で、
小さいながら、大きな木製サッシと白くさらりとした漆喰で、
明るく数字以上の広がりのある住まいになるでしょう!

317-3.jpg 317-4.jpg

317-5.jpg 317-6.jpg

317-7.jpg

和室の高さを抑えた窓には引分けの内障子が付きます。
木製建具が入ると、グッと変化するはずです。

次は、江南のN邸。ここも荒壁の住まいで二世帯。郡上で伐採の桧の柱もあります。
2階の床続きの小屋裏スペースと、ロフトと空間を最大限に活用します。

317-8.jpg 317-9.jpg

317-10.jpg 317-11.jpg

317-12.jpg

深い軒、吹抜けと光と風を考えてあります。

最後は岐阜市の森のすみかの少し北のT邸。
4月1日に見学会ですが、大詰めにさしかかってきました。

317-13.jpg 317-14.jpg

外壁は南面はシラスそとん壁ですが、ほぼ見えない東北西は変えました。
両サイドに家に囲まれた敷地状況で南の真ん中に吹抜けを設けました。
光と風の道を作ってくれます。

317-15.jpg 317-16.jpg

キッチン裏の北側になる脱衣室に南からの光と風が入るように工夫しました。

完成まで、あと少しです。

また、始まってきた現場も紹介します。

                                  (ゲンバーマン)

【2018/03/17 16:03】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |
3月に入りました。丁度2週間前には、長崎は佐世保の吉田俊道さんの食育セミナーでした。
 
0 (400x295)
 
土の中の菌を元気にして、栄養たっぷりの無農薬野菜などを作ったり、
全国で菌ちゃん野菜の作り方や元気で健康になる食べ物の講演をしています。

多くの方にご参加いただき本当にありがとうございました
60人定員としていましたが、
風邪やインフルで減ったり、でも直前で増えたりと
結局約70名近くの参加者となり、会場パンパン!

1 (250x138) 2 (250x229)

3 (250x188) 4 (250x204)

5 (250x140) 6 (206x300)

座布団がメインでゆったりとした感じではなく
メモも取りにくく申し訳ありませんでした。
参加者との距離が近く、アットホームな感じではありましたが
約2時間少し窮屈をおかけしました。

菌ちゃん先生との距離1m切り 、もう砂かぶり席どころか
“菌ちゃんミネラル入りツバかぶり席”となりました。

しっかりお話しを聞きたかったんですが、 最初に紹介の話をした後は、
後ろでお子ちゃま達のお世話と時々吉田さんの話に耳を傾けるって
そんな感じで、半分聞けたかな~、 1/3くらいかな~って感じでした。

でも、食べ物にはミネラル、ファイトケミカルが大事で、 今の世の中の野菜にそれが少なくなっていること、
土とお腹がつながっていることなど、多くの人に聞いてもらえてよかったかな~と思います。

また、いつか菌ちゃん先生来てもらいたいな~思っています。

                             (木の家ランナーズ1号)

【2018/03/02 10:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
25日(日)には、岐阜市柳津町でH邸の完成見学会です。
とてもいい感じに仕上がりました。

222-1_20180223152509409.jpg 222-2_20180223152511674.jpg

222-3_20180223152512476.jpg 222-4.jpg

大きな木製建具が入りました。キッチン横の格子の向こうで何をするのか・・・それは現場を見て説明します。階段下の土間収納も目一杯収納棚。
そして、全部引込むことができる障子戸で、光を調整。

222-5.jpg 222-6.jpg

222-7.jpg 222-8.jpg

222-9.jpg 222-10.jpg

2階には動く格子を設置。また、収納充実の納戸も使いやすそうです。

午前は、かなり一杯になってますが、午後はまだ空いています。

ご見学はご予約お願いします。

                            (さすらいのウォッチャー)

【2018/02/23 15:27】 | ただ今建築中
トラックバック(0) |